akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

和風お好み焼きへの道

ウィキペディアによると、「大正時代にもんじゃ焼きから派生したどんどん焼きが生まれ、そしてどんどん焼きは関西に一銭洋食との名で広まり、それがお好み焼きやたこ焼きに発展していった」。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E7%84%BC%E3%81%8D

真偽はともかくとして、小麦粉を使ってソースを塗れば「洋食」という歴史があり、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%8A%AD%E6%B4%8B%E9%A3%9F
お好み焼きを和食(定義はしないけど)として、復権させるべく、ソースに代わるものを探している。
なお、小麦粉を使ったら、和食ではないとしてしまうと、天ぷらも否定される。
というわけで、筆頭が天つゆだったのだけど、イマイチで、うなぎのたれもめんつゆも残念。
一番いい線をいっているのがチジミのタレなんだけど、これを採用するのは趣旨から外れる。
お好み焼きに入れる出汁を調整して、ソースなしで食べる方向のほうがいいのかもしれないが
それだともんじゃ焼きに先祖返り。