akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

大統領の料理人

 

大統領の料理人(字幕版)

 

 

マイソムリエに薦められていたのでやっと観た。ニニヨンの「フランス料理讃歌」は興味がある。

 

トリュフを惜しげなく、ふんだんにつかう料理人に知り会って以来、とても気持ちがわかる。トリュフは惜しんだらいかん。

 

ロワール川のメニューは気になる。そういえば、タイタニックの再現料理(もちろん、ワインのビンテージは違う)を食べたことがあるけど、普通だったなぁ(今風ではないともいう)

いつも南フランスの田舎料理を作ってくれたカッキーの料理をまた食べたいなぁ

 

◆大統領の料理人 レシピ


ポルチーニ スクランブルエッグ
https://iemone.jp/article/gourmet/nao_217616/

スコットランド産サーモンとロワールの人参のファルシ
https://celebstyle.jp/p/lifestyle/gourmet/17751/
https://ameblo.jp/socchidiary/entry-12550088971.html
・サント・ノーレ ネネクリーム
https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/124.html

・アスパラガスとチャービルのポタージュ・スープ 
 
・牛フィレ肉のパイ包み焼き 
 https://cookpad.com/recipe/3696628
・ジロール茸のクリーム煮

・赤いベリーのタルトとピスタチオのヌガティー


トリュフとボルチーニ入りマカロニ・グラタン



・仔羊のロースト
 https://cookpad.com/recipe/6542154
・ジュリアのじゃがいも
・トムチーズ(アラビスのとも?)
・マリメロのゼリ
https://cookpad.com/recipe/1516521
・ペ・ド・ノンヌ(尼さんのオナラ)
https://recipe.monteur.co.jp/rp/details/00684


・美しきオーロラの枕



・雛鳥のスープ煮
 https://plaza.rakuten.co.jp/purupuru777/diary/?ctgy=14
・クランブル
https://cookpad.com/recipe/2663868

■ロワール川
・フォアグラに白のコトー・デュ・レイヨンジュレ&ヴーヴレ
・コーンのパン
「スパイスのパンに似せ、ガレットのような端をサクサクに」
窯焼きパンのレシピをアレンジし、とうもろこし粉を三分の一、蜂蜜とサフランを入れ、オーブンではなく敢えてパン焼き器で焼く、さらに仕上げに今度はオーブンで表面にだけ焼き色を付ける。
・ナント産エスカルゴのカスレット&(ディディエ・)ダクノーのシレックス
・メイン:シャラント風スープ(ヒラメとイカのスープ)&クレードセラン
https://www.osarai-kitchen.com/nhk/nhk%e3%81%82%e3%81%95%e3%82%a4%e3%83%81/%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e9%a2%a8%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97/#more-25795

ロシュフォール風ジョンシュ 
凝固乳に月桂樹の香りをつけ、巻き簾で水分を切ったフロマージュブランのようなもの

・山羊と羊のチーズ
・フコー兄弟のクレード・ジャール



トリュフのタルティーヌ&シャトーラヤス1969→グルナッシュ
トリュフバターをパンにぬり、薄切りトリュフを載せたもの
 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~hitoshi/vino55.html


・フォアグラのタイ風スープ
https://www.gourmet-world.co.jp/shopping/?page=show_review&prod=81&review=3608   
・サルラ風ポテト
・サントノレおばあちゃん風
ジュリア風とは、パイ生地を使わず、シュー生地とクリームだけ作る


ローヌ風牛肉のマリニエール&じゃがいも添え
白ワイン、魚のだし汁、エシャロットを加え、バターを加えたもののことを指すが、
ここでは「脂肪分の少ない牛の腕肉をココット鍋に入れ、玉ねぎと肉を重ね、タイムと塩を振る。これを繰り返し最後は玉ねぎで終わる。これを弱火にかけ煮込む。その後肉をとって、肉汁にアンチョビを入れ、これを一時間煮込む」

http://www2c.biglobe.ne.jp/~hitoshi/vino55.html