akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義

 

 

 

オートファジー

「細胞の中の恒常性を保ち、細胞の中のものを回収して分解・リサイクルする」仕組み。

 

細胞は一つの卵子から37兆個に増えるが、それ以上は増殖しない。つまり、分裂の数が決まっているので、手足が増えたりすることはない。

一方は、ガンは細胞が無制限に増えていくので、体に害を与える。

 

培養細胞にウィルスを感染させ、薬を入れることで、ウィルスの増殖が止まれば、人間にも効く可能性がある。

 

高分子→超分子複合体→オルガネラ(細胞小器官)→細胞→組織・臓器→個体→種

 

遺伝子はタンパク質の設計図

DNAは、アデニン、チミン、グアニン、シトシンのデオキシリボ核酸

 

DNAが三つ集まるとアミノ酸

アミノ酸が一列に並ぶとタンパク質

 

免疫の方法

・皮膚のように物理的な壁を作る

・食細胞→病原体を食べる

・抗体→免疫細胞

ベニクラゲは死なない。若返る。

 

オートファジーの役割

・飢餓状態になった時、細胞の中身をオートファジーで分解して栄養源にする

・細胞の新陳代謝を行う

・細胞内の有害物を除去する

 

神経細胞と心筋細胞は死ぬまで同じ細胞

 

寿命を伸ばす五つの方法

①カロリー制限

インスリンシグナルの抑制→インスリンをあまり働かせすぎないこと

③TORシグナル(細胞の中で細胞の増殖や代謝をコントロールし、タンパク質の合成を促進しているタンパク質)の抑制

生殖細胞の除去

ミトコンドリアの抑制

 

ルビコン

オートファジーの働きを抑制するタンパク質

ルビコンを抑制してオートファジーが働き続けるようにすれば老化を止められる。

 

オートファジーが防ぐ病気

生活習慣病

神経変性疾患

・肝臓がん

・腎臓の病気

心不全

 

オートファジーを活性化させるもの

・スペルミジン→ポリアミンの一種→豆類、発酵食品、キノコ

レスベラトロールポリフェノールの一種→ブドウや赤ワイン

カテキン→お茶

アスタキサンチン→サケ、イクラ、海老

 

歳をとると、ルビコンは増え、スペルミジンはつくれなくなり、オートファジーはがた落ちする。

 

 

 

<目次>
科学が発展しすぎた時代に、まどわされず、自分で考えるための基礎教養

第1章 科学的思考を身につける
「科学的思考」はこれからの時代に欠かせない
遺伝子組み換え表示があると、買わないほうがいいの?
最強ツール「相関」と「因果」

第2章 細胞がわかれば、生命の基本がわかる
細胞ひとつひとつに全情報が入ってる
遺伝子とDNA、ゲノムの違いが言えますか?
生命の特徴は、階層性と動的平衡
生き物はみんな違うのが大事

第3章 病気について知る
病気のときは、必ず「細胞が悪くなっている」
ウイルスと抗体とはそもそも何だろう
人間は死ななくてよくなるかもしれない
細胞は時に自殺する

第4章 細胞の未来であるオートファジーを知ろう
オートファジーは、細胞を「若返らせる」機能
脂肪が多いものを食べるとオートファジーが働きにくくなる

第5章 寿命を延ばすために何をすればいいか
寿命を延長することをすると、オートファジーが活性化する
オートファジーはシミ、シワにもいい
納豆、キノコ、赤ワインとチーズがいい