akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

美しき免疫の力―人体の動的ネットワークを解き明かす

 

 

米国の売り上げ上位100位まで薬のうち56種類は、一日の時間帯によって活性が変化する遺伝子の産物(タンパク質)を標的にしている。こういうベストセラーの医薬品の約半数は、服用後ほんの短時間しか効果が持続しない。

 

ワクチン単体ではほとんど効き目が出ないが、ワクチンにアルミニウム塩や水酸化アルミニウムアジュバント)を混ぜると、理由は分からないけど劇的に効果が高まる

 

同時に二種類のウイルスに感染しない。

 

可溶性タンパク質分子は、細胞同士や組織間のコミュケーション手段。

 

ストレスは免疫反応を弱める。

 

投薬のタイミングを合わせる。

 

高齢者の免疫システムが十分に反応を示すようなアジュバントを選択する

 

<目次>

第1部 免疫学の革命はこうして起きた
免疫学の小さなほころび―自然免疫の発見
獲得免疫の始動の仕組み―樹状細胞の発見
免疫細胞のコミュニケーション―サイトカインの発見
免疫システムの暴走―超大型新薬の登場
第2部 内なる宇宙に挑む
揺れ動く免疫システム―熱・ストレス・リラックス法の影響
免疫システムと時間の流れ―体内時計と加齢の影響
免疫システムの番人―制御性T細胞の発見
未来の薬―がん免疫療法の開発