akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

コンポーネントカバレッジとしてC0、C1

最初から最後までみて、SIerだと思うわけで、保守、運用のできないところは、コンサルティングファームをやらずぼったくりと呼んではいけないと思う今日この頃です。
このところSOAって運用が大変という内容の記事を何度か書いていると思います。なにが大変って、コンポーネントが増えれば増えるほどべき乗でテストケースが増えることです。しかも、このテストケースは半端ではなりません。なぜならば、テストカバレッジというとコードカバレッジとしてのC0、C1でしたが、コンポーネントカバレッジとしてC0、C1をテストしていかないとならないのです。
これはコンポジットアプリケーションの視点だけの話で、サービスコンシューマなり、ワークフローの視点でみるとさらに、ビジネスプロセスフローが掛け算されることになります。ベンダさんのお話をいくら伺ってもテストの話はでてこないし、ましてや変更管理なんて考えてくれていないようです。
苦しんでいるのは、フォワードエンジニアリングではなくて、メンテナンスであり、その際のテストなんです。もしかして、SOAでやっている企業っ少数か、もしくはノウハウだから公開しないのかな。コンポーネントカバレッジでぐぐっても、ひっかからないから、テスト技術者も意識していないので
しょうか。