akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

決算説明会で声を荒げる日本ユニシス社長の真意より

自動車業界の“行灯システム”も導入した。これは簡単にいえば、プロジェクト進行に問題があれば早急に皆で解決するという仕組み。問題を発見したら、直ぐに知らせるための行灯ボックスを設け、問題を通知した社員に「ご褒美を出す」(籾井氏)そうだ。それが、自由闊達に発言できる職場作り
になるというのだ。

物理的に作ったのかな。これまでは自由闊達に発言できなかったのね。問題は行灯を動作後だと思うけどね。SWATチーム出動ではなにもかわらないと思う。

残された時間は、これまでの日本ユニシスの社長人事を考えれば1年半しかない。

そうなのよ。つぎの社長は誰だ。帰る場所はあるのか。