akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

分子レベルに分解して壁をすり抜ける

とある映画の話です。分解と組立が可能ならば、壁をすり抜けるなんて、ちんけなことでなくて、分子を生成して、瞬間移動してしまえばいいのに。これぞ、物流革命だ。記憶も分子単位に記憶されて、元に戻るんだろうなぁ。とつまらない理由(好奇心)から映画を見に行きたくはないな。