akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

その数学が戦略を決める

 

 

勘よりビックデータという話。

 

本書のタイトル(絶対計算者たち)もA/Bテストによって決めたが、邦訳タイトルは編集者の直感で決めたという。

 

携帯電話を盗まれて、通話記録をダウンロードして、分析して電話を取り戻したというのが興味深い。

 

オーリー・アッシェンフェルターのワインの質の方程式

ワインの質A=12.145+0.00117×冬の降雨量+0.0614×育成期平均気温Y−0.00386×収穫期降雨量Z

→ワイン商やワインライターはオーリーが提供する情報を一般人に知ってほしくない。

 

絶対計算→ビッグデータ

→直観や経験に基づく専門技能はデータ分析に負ける。

 

Amazonの「おすすめ」などの協調フィルタリング→群衆の知恵

 

ハラーズ社のカジノ「トータルリワード」は顧客情報から「痛みポイント」を分析して負けが込んできたら、ステーキをおごる。

※ステーキをおごるより、でるようにしたら、さらに稼げるのではないか

 

政府、とくに税務署には大量のデータがあるので、絶対計算して市民のことを理解すればいい。

 

クレジットカードのVISAは、カードの購入履歴から離婚確立を予測している。

→カードの支払い遅延率が変化する。

 

タグチメソッド

※海外では「実験計画法」のことをタグチメソッドと呼んでいるようだ。

 

ABテスト→無作為抽出テスト

無作為抽出テストは試験を行う前に仮説を立てる必要がある。

一方、回帰テストは何を試験するかは事後に行えばよい。

 

診断支援ソフト イザベルIsabel

広範な医療論文を検索して、データベースをアップデートする。

 

データを入力するのも人間の仕事→仮説立案が人間に残された出番

 

もっとも有効な教育法

ダイレクト・インストラクション

教師に理解しやすい細かい概念として情報を提示させる。

その情報が生徒に咀嚼されているかを確認する。

 

標準偏差ルール

正規分布する変数が、平均値から正負を問わず二標準偏差内にある確率は95パーセントである

 

ベイズ理論とはトーマス・ベイズによって確立された確率論で、「神の存在を方程式で説明できる」という主張の元に成り立つものだ。ではそのベイズ理論とはどういうものなのか。簡単にまとめると「未来を推測するには過去を振り返らなければならない」というもの。つまり「未来の出来事はその事象の過去の発生頻度を求めることで計算・予想できる」「過去に起きた事象の発生頻度(確率)から未来の出来事の発生頻度(確率)を予測する」。もっと簡単に一言でまとめれば「未来は過去の経験則で推し量れる」ということになる。

 

google website Optimizerで、ランダム化試行(RCT: Randomized Controlled Trial)ができる

 

ABテストツール
・Optimizely
・Visual Website Optimizer

 

目次
序章 絶対計算者たちの台頭

第1章 あなたに代わって考えてくれるのは?

第2章 コイン投げで独自データを作ろう

第3章 確率に頼る政府

第4章 医師は「根拠に基づく医療」にどう対応すべきか

第5章 専門家vs.絶対計算

第6章 なぜいま絶対計算の波が起こっているのか?

第7章 それってこわくない?

第8章 直感と専門性の未来/補章 革命は続く