akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

言葉を使う動物たち

 

鳥の鳴き声に文法構造が存在し、コウモリは超高周波音で交流し、イヌは膨大な情報を含んだにおいで複雑にやり取りをする。
ウマは体を使ってコミュニケーションする。

■人間の言葉で話す
五種類の哺乳類が新しい音を作り出す能力があり、人間の言葉を習得とできる。
人間、コウモリ、ゾウ、アザラシ、クジラ、

イルカの使う音は高すぎて人間には聞こえない。
ゾウの使う音は低すぎで人間には聞こえない。

シャチはイルカの音声を模写してイルカとコミュニケーションをとる。


第2章 生き物の世界の会話
第3章 動物とともに生きる
第4章 体で考える
■構造、文法・解読
化学的文法と視覚的文法

カエルは動きと身振り、姿勢との組み合わせで発声する。

ハチのダンス
クジラの歌
コウモリは人間に次いで最も複雑な形態の音声コミュニケーションを行う哺乳類。
マウスは歌う。 セミはオスが声を使い、メスが羽で音を立てる。


目次
第1章 人間の言葉で話す
第2章 生き物の世界の会話
第3章 動物とともに生きる
第4章 体で考える
第5章 構造、文法・解読
第6章 メタコミュニケーション
第7章 なぜ私たちは動物と話す必要があるのか

https://studyu.jp/feature/theme/animal-linguistics/