akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ビジネスモチベーションモデリング

http://www-01.ibm.com/support/knowledgecenter/SS6RBX_11.4.3/com.ibm.sa.bpr.doc/topics/c_Enterprise_Direction_diag.html?lang=ja

手段と目的には以下のようなレイヤある。それぞれ組織単位ごとにある。

目的(ends) 手段(means)
ビジョン ミッション
ゴール(目標) 戦略
objectvity 戦術

で、手段に対応して、プロセスがある。目的は、プロセスで評価できる。
ミッションは行うべきこと
ビジョンは組織の将来の状態
戦略は、組織が直面する環境的制約とリスクの下で、目標を達成するために不可欠な一連のアクション、または目標を達成するために取るべき手法。目標ごとにある。
例:既存の予約手順を改善する。

目標は、ビジョンよりも具体的にしたもの。戦略によって達成方法を示す。
ビジネスポリシを持つ。
例:サービスの質を向上させる。

ビジネス・ポリシーは、機会、脅威、強みまたは弱みに応じて作成され、ビジネス・ルールの基礎
例: 常に顧客を満足させることを目指す。

戦術は戦略の実現方法。objectvityごとにある。
例:常連客を優遇するプログラムを提供する。

objectvityは、目標を定量化したもので、戦術によって達成される。
ビジネスルールを持つ。
例:2006 年 9 月 1 日までに、受け取る苦情の数は 2004 年の第 2 四半期のレベルより 20 パーセント削減する。

ビジネスルールは、ビジネス・ポリシーをサポートするための、ビジネス行動を左右、またはガイドすること
例:顧客のポイントが期限切れとならない。

これらに加えて以下がある。
・影響は、技術、法令、環境などのビジネス・プランの要素、それに競合者、顧客、供給業者、パートナーが行うことを形成します。
・評価は、目的と手段に対する影響の効果に対して行われます (たとえば、強み、弱み、機会、脅威)。


P.S.
http://www.omg.org/spec/BPMM/1.0/PDF
⇒1.3がでていた
http://www.omg.org/spec/BMM/1.3/