akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

なぜ、2月だけ28日なのか

2月を短くした犯人をさがしてみた。
古代ローマ時代は、1年の暦の始まりは、農作業が始まる3月から始まっていました。
つまり、2月が選ばれたのは、古代ローマの年度末だったから。
カエサルが暦を作ったとき、1年365日を12ヶ月で割る際に、31日だと多すぎ、30日だと少なすぎなので、奇数の月は31日、偶数の月は30日に割り振り、余りの29日を最後の月の2月に割り当てた。

その後、ローマの政治家(実行犯を特定できず)が各月の名前を決める際に、7月はジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)にちなんでジュライ、8月は初代ローマ皇帝アウグストゥスにちなんでオウガストと名付けた。しかし、アウグストゥスの月がジュリアス・シーザーの月よりも短いのは、アウグストゥスジュリアス・シーザーに劣っていると考えられ、8月を7月と同じ31日にして、最後の2月を28日とした。

という説。 「ジュリアス・シーザー」は英語表記なので、ローマの政治家がラテン語表記を選択しないの不自然だと思う。3月を初代ローマ皇帝としたほうがすっきりするので、これはガセなんじゃないかと思っている。

まぁ、3月が短いより、2月が短いほうがいいのかな。