akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

「箇条書き手帳」でうまくいく

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

 

onenoteでのオレオレ流バレットジャーナルについて書いてみる。バレットとは、箇条書きの中黒(・)のことで、バレットジャーナルは、箇条書きと記号を利用してタスクを管理する手帳のこと。箇条書き手帳といわれるとわかりやすい。

 

バレットジャーナルの基本構成

・インデックス(目次)

・フューチャーログ(半年分の予定を書く)

・マンスリーログ(月間予定を管理)

・デイリーログ(一日の予定・タスクを管理)

 

これ以外に好きな形式をつくることができ、その例として読書記録があげられていたのだけど、具体的な例がないので役立たず。ググっても、いいものがでてこない。アマゾンの「ほしい物リストに追加する」ボタンあたりに、ほしい物リストのメモが表示されるだけでもいいんだけどな。

逆にストレスを軽減させる方法として、「運動」「マインドフルネス」「コーピング」をあげており、そのうち、「コーピング」の例は確かにバレットジャーナルに向いている。

  • ストレス解消法をリストアップ
  • ストレスを感じるたびにリストから実行
  • 効果があったかどうかをチェック・採点

 

 インデックスはonenoteではセクションやページで管理できるし、検索もできるので必要ない。

フューチャーログやマンスリーログはデイリーの延長なので区別しない。

デイリーログというか記号のルールは以下(オレオレ流)。ただし、期待していた期限付きタスクの扱いがわからないので、しばらく、タスクの先送り(doing)で運用してみようと思う。

[タスク]

・→(todo)タスク

×→(done)タスク

>→(doing)タスク

<→タスクのスケジュール化完了→ちょっと用途不明

[予定]用途不明

〇→イベント→todoとして扱っている 

[メモ]用途不明

-→メモ

*→注目

!→ひらめき

 

本来のバレットジャーナルでは、日々書き直して、振り返ることらしいのだけど、バレットジャーナルのルールにしたがって、ラピッドロギングしているので、随時、ふりかえっている。ただし、onenote上で過去は消すか、メモとして別のセクションに移動させている。