akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

アリエリー教授の「行動経済学」入門 お金編

アリエリー教授の

アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇-

・無料のアドバイスはない
無料も価格のうちだ。

機会費用を考えよ
これを買ったらなにを犠牲にすることになるか具体的に考えろ。
・相対性
前はいくらだったとかいくら値引きされたかではなく、いくら払うかを考えろ(絶対金額)。
・心の会計
お金の分類して、別の勘定を考えだしたら、お金の出所は一緒であることを思い出そう。
・出費の痛み
クレジットカードのような支払いやすさは、痛みを感じないので、
出費の痛みを忘れないようにする。
・自制
自分を信頼しない。目先の誘惑に屈するかどうか
・損失回避と授かり効果
もっているものやうしなうかもしれないものを過大評価しないようにする。
・公正さと労力
価格が公正かどうかではなく、自分にとってどれだけの価値があるかを考える。
見せかけの労力に惑わされない。
・言葉や儀式の魔法を信じるな
説明が長ったらしく大げさな場合、価値のまったく高めないもののコストを払わされている。
・期待を現実に変えるな
自分の期待がどこから来ているのか自覚する。
操作されるのでは、自分で操作すること。
・価格を過度に重視しない
価格はものの価値を表す多くの属性の一つに過ぎない。
・アンカリングに気を付ける。
最初に目にする価格や、以前同じものに支払った価格に知らず知らず影響されている。

「お金に関する決定で問題にすべきことは、機会費用と、購入物から得られる真の利益と、ほかのお金の使い道と比べて得られる真の喜びだ」