akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

ネオ・ヒューマン

 

 

会社の不文律」の著者

イギリスで最初のシビルユニオン(パートナー婚)、アメリカで最初に婚姻関係のないパートナーに、性別は問わないと明記させた。

 

ホーキングと同じALSを患う。

そこで、自身のサイボーグ化を身体とコミュニケーションの二つの側面から進めた。

まず、身体についてバージョンアップ。

ALSが進行すると、歩くことはもちろん、食事をとったり呼吸をすることもできなくなる。そこで、トリプルオストミー、つまり、3つのチューブを通すことで「生きる」ことにした。

喉が動かなくなると呼吸ができなくなるため、まずは人工呼吸のためのチューブを通し、食事も自力でとれなくなるため、栄養をとるためのチューブ、そして排泄物を出すためのチューブもつけた。

さらに、唾液が肺に入るのを防ぐために咽頭を除去し、車椅子型ロボットやロボットハンドも用意した。

次に、コミュニケーションについてバージョンアップ。

ALSによって筋肉は動かなくなるが、眼球を動かすことはできるので、アイトラッキングによって指示を出せるようにした。これだけだと、人と対話をするには遅いので、話し相手の言葉をAIが聞き取り、ピーターの思考スタイルに合わせて、ピーターのの実際の声を元とした声を音声合成し、自動的に返事をするようにした。さらに、アバターを開発し、会話の内容によって表情を変えることができる。

つまり、「ピーター2.0」は、物理的空間の「身体」だけでく、デジタル空間に「マインド」を存在させ、メタバースのなかでアバターとして暮らす。

そして、ピーター2.0にバージョンアップされたわけだが、つぎに、生物学的な僕が死んだ後も、AIの僕がピーター3.0」となって、「何が理由で死ぬのかわからない」という未来まで考えているところがすごい。