akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ここまでわかった!縄文人の植物利用

 

 

狩猟採取民と思われていた縄文人は、ダイズ(ツルマメ)とアズキ(ヤブツルアズキ)を栽培化し、球根類(ムカゴ、鱗茎(ユリ、ノビル、アサツキ、ニンニク、ヒガンバナ))を栽培し、クリ林やウルシ林を育て、森林資源を管理していた。

 

東北・関東・北陸地方縄文人はクリを好み、西日本の縄文人はドングリを好む

 

縄文カレンダー

縄文時代の食料の季節変化を円に書いて表したもの

https://www.pref.toyama.jp/3041/miryokukankou/bunka/bunkazai/maibun/odake/kankyo.html

 

古代米(赤米と黒米をつかっている。農学的分類ではない)をつかった国立歴史民俗博物館内レストランの古代カレーが気になる。

 

目次

1 「人と植物の関わりの文化史」をもっと知ろう!(工藤雄一郎)

2 縄文人の植物利用─新しい研究法からみえてきたこと─(佐々木由香

3 縄文人は森をどのように利用したのか(能城修一)

4 マメを育てた縄文人小畑弘己

5 縄文人がウルシに出会ったのはいつ?(鈴木三男)

6 適材適所の縄文人─下宅部遺跡─(千葉敏朗)

7 下宅部遺跡の漆関係資料からわかること(永嶋正春)

8 縄文人と植物との関わり─花粉からわかったこと─(吉川昌伸)

9 イネと出会った縄文人縄文時代から弥生時代へ─(那須浩郞)

 

コラム1) かごや縄の素材はなに?植物珪酸体で調べる(米田恭子・ 佐々木由香

コラム2) 植物繊維の見分け方(小林和貴)

コラム3) イネを食べなかった縄文コクゾウムシ(小畑弘己

コラム4) 土器づくりの敷物は?(真邉彩)

コラム5) 植物の年代をはかる(坂本稔)

コラム6) 縄文土器のおこげの正体は?(工藤雄一郎)

コラム7) たねが語る人の暮らし(百原新)

コラム8) 果実でウルシが見分けられるか(吉川純子)

コラム9) アサを育てる・使う(篠崎茂雄)

コラム10) デンプンからわかる食べ物(渋谷綾子)

(付録)くらしの植物苑に行こう!(工藤雄一郎・山村聡