akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

講談

せっかく召還されてくれたので、講談について語りたいところだがいまだにお金を払って聞いたことはない。もちろん、そんな素養も教養もない。貞橘とはカラオケに行っても(講談師と行くな<自分)山陽さんとは友達ではない念のため。講談師との出会いは会社のオフィスを移転するに当たって、アダムネットの元副社長にさそわれて湯島に移り、彼の行きつけの店が江戸時代から続く講談師の元締めであった(女将と飲み行くと先方のママさんが恐縮してくれて面白い)。そんなわけで講談師と面識が自然とできてしまった。神田一門はいちりんちゃんしか面識がないのですが、人間国宝貞水一門は、ちびまるこちゃんのおかあさん、もりゆきあたりは知っています。また、講談師ではないですが、女将(上野本牧亭の孫。詳しく小説本牧亭参照。以前、山陽さんのページに写真が出ていた)と円歌さんが小学校の同級生ということもあって、円歌さんもよくきていました。で、当時、私は博多に週一回通っていたので、東京で刺身が食えない体質になっていたのをこの店に連れて行ってもらって、救われたわけです。というわけで私にとっては居酒屋であって、今では常連どころか、マイキッチンにしてしまった無礼者でフューチャの石橋さんのような講談好きからするととんでもないやつということになる。へっへっへっただ飲んだくれているんじゃないのよ。僕は江戸の文化を守るために、体を張って・・・はい、ただの酔っぱらいです。