akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

富の未来

空中ブランコ(空中ブランコ)が面白かったので、遡って、イン・ザ・プール(イン・ザ・プール)も読んじゃいました。期待を裏切らない面白さです。
さて、いまさらですが、富の未来富の未来 上巻は、ご存知、アルビン・ トフラーの最新刊です。
第三の波では、「生産消費者(自ら消費するためにモノやサービスを生産する人)」というキーワードを用いて、脱工業化時代の現代人のあり方について述べていた。本書では生産消費者の概念をさらに推し進め、非金銭経済から金銭経済への富の移転になっていると主張している。つまり、子育てやボランティア、ブログへの書き込みなどの非金銭経済から生み出される不可視の富が、金銭経済をじつは裏で支えているほどの規模になってきたという主張である。
さすがにだれてきたのか、ロングテールなどの実態をあとづけで述べているだけですね。子育て、うんぬんにいたって古典経済学でも述べているのにいまさらって感じがしてがっくり。アルビン・ トフラーって経済学については素人だったのね。本書がロングテールを予見しているものだった感動したのですが・・・