akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

思考は現実化する

 

思考は現実化する〈上〉

思考は現実化する〈上〉

 
思考は現実化する〈下〉

思考は現実化する〈下〉

 

 信念と思考が重なった時に潜在意識が活性化される!

活用の仕方

1.私たちは習慣の動物である。習慣は私たちに有利に働く こともあれば、不利に働くこともある。習慣の働きを生かすには、「思考は現実化する」を読むために、毎日一定の 時間と場所を決めよう。
2.快適で邪魔される恐れのない場所を選ぼう。読書に際してはできるだけ同じ場所を使うようにしてほしい。
3.毎日の読書に一定の時間を費やすよう訓練すべきである。 10分から15分ほどが適当で、長くなくてもよいのである。 たとえば通勤の行き帰りに電車の中で読むのもよい。いずれにせよ、習慣化があなたの意欲を持続させるのである。
4.毎日読んだことをノートに書き留めて、要点を把握すること。あなたにとって一番大切な鍵となる原則(principle) を各項目から一つリストアップする習慣を身につけてもら いたい。その他の行動指針、アイディア、技術、ノウハウ を追加するときは、ノートの別の箇所にリストアップしよう。
5.各々の章にある重要事項をまとめた「エッセンス」を復習して、本書の全般から学んだ教訓を、心に深く刻みつけ ること。これらのアイディアや教訓を、あなたの永久保存 用ノートに記録し、毎日の生活の中でこれらの教訓を行動に移すよう、常に心がけてほしい。

 

第一の原則:「明確な目標」を持つ
第二の原則:「プラスアルファの努力」
第三の原則:「調和の精神」
第四の原則:「信念の現実化」
第五の原則:「自己規律」
第六の原則:「自然の法則」

https://free-ownedmedia.com/think-and-grow-rich/

「思考」があなたを変える

不可能の文字を消す

 

大きな問題に直面したときは、その問題を一度に解決せず、問題を細分化して、その一つ一つを解決していく

 

成功の定義
「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標(願望)を、黄金律に従って一つ一つ実現していく過程である。」

黄金律→自分がしてほしいと思うことは、何よりも他人に奏してあげること


願望実現のための6カ条
1.あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。

  単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。

2.実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を「差し出す」のかを決めること。

  この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。

3.あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。

4.願望実現のために詳細な計画を立てること。そしてまだその準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移すこと。

5.実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。

6.紙に書いたこの宣言を、1日に2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である。

 

自信を育む公式
1.私は人生の明確な願望・目標を達成できるだけの脳力を持っている。したがって私はどんなことがあっても忍耐強くそれを追求していく。このことを私は自分自身に対して約束する。

2.心の中で強く願えば、それはいつの日か必ず実現することを私は確信している。だから毎日30分、私がこのようになりたいと思う自分の姿を心の中で鮮明に、そして具体的に想像する。

3.深層自己説得の素晴らしい威力を私は知っている。だから毎日10分間、私はリラックスして自信を養うための深層自己説得を行う。

4.私は自分の願望・目標をはっきりと紙に書き出した。私はそれを達成するまで、どのようなことがあっても決してあきらめないことを誓う。

5.いかなる富も地位も、それが真実と信義に基づくものでなければ、長続きしない。

6.私は真実と信義を重んじる。人々の利益にならないことは決してしない。人は誰でも他の人々の協力により成功を勝ち取ることができることを私は知っている。だから私は、まず人々に対して奉仕することを私の使命とする。

7.私は憎しみ、嫉妬、利己的な心、これらをすべて排除し、思いやりと誠実な心で人々に接する。私は自分を愛するのと同じように他人を愛する。

 

想像力

1.改良的想像力
 これは、古くからある概念、アイデア、計画などを新しく再構成したものである。過去の経験や観察などによって得たものを組み合わせて、新しいものを作り出すのだ。発明家はたいていこの想像力で発明をしている。

2.独創的想像力
 これは人間の限りある心と無限の英知を直接に結びつけるものである。ヒラメキやインスピレーションを生み出すのは、この独創的想像力である。人間が新しいアイデアを得ることができるのは、この想像力によってである。

 

リーダーになるための11の重要な条件

1. ゆるぎない勇気を持っていること

2. セルフ・コントロールの脳力を持っていること

3. 強い正義感を持っていること

4. 強固な決断力を持っていること

5. 計画性を持っていること

6. 報酬以上の仕事をする習慣を持っていること

7. 明るい性格を持っていること

8. 思いやりと理解を持っていること

9. 詳細を認知していること

10. 責任感を持っていること

11. 協調性があること

 

リーダーが失敗する10大原因
1. 精密な思考に欠けること

2. つまらない仕事をしたくないという気持ちを持つこと

3. 行動よりも知識を大切にしすぎること

4. 部下の挑戦を恐れること

5. 想像力が欠如していること

6. 利己主義者

7. 過激な性格

8. 不誠実

9. 特権の乱用

10. 地位の誇示

 

失敗を招く30の原因

1. 遺伝的欠陥

2. 明確な人生目標の欠如

3. 向上心の欠如

4. 教育の不足

5. 自己訓練の欠如

6. 病気 

⑴暴飲暴食による不摂生 

⑵否定的な考えにとらわれる習慣 

⑶性生活における不摂生 

⑷運動不足 

⑸不適切な呼吸法による新鮮な空気の不足 

7. 幼少のころの不幸な環境による影響

8. 一日延ばしの傾向…

9. 忍耐力の欠如

10. 否定的な性格

11. 過剰な性欲

12. ギャンブル好き

13. 優柔不断

14. 6つの基本的な恐怖

15. 誤った配偶者の選択

16. 過度の用心深さ

17. マスターマインドの失敗

18. 迷信と偏見

19. 職業選択の誤り

20. 集中力の欠如

21. 浪費癖

22. 熱意の欠如

23. 狭量

24. 不摂生

25. 協調性の欠如

26. 努力なしで得た富(相続によって得た富など

27. 虚言症

28. 利己主義と虚栄心

29. 当て推量

30. 資金不足

 

忍耐力を鍛えるための8つの重要な秘訣
1. 目標・願望の明確化

2. 強いエンスージアズム(熱意)を伴った目標実現意欲

3. 自信

4. 計画の明確化

5. 正確な知識

6. マスターマインド(人々に対する思いやりと理解と調和のとれた協力心)

7. 意思の力

8. 習慣

 

忍耐力を身につける4つのステップ
1.燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標を持つこと。

2.明確な計画を立て、それを着実に実行していくこと。

3.親戚、友人、周囲の人たちの否定的な、あるいは意気消沈させるような意見をきっぱり拒絶すること。

4.目標と計画に賛成し、激励してくれるような人を1人、あるいはそれ以上の人を友人にすること(マスターマインド)。

 

確固たる信念があればエンスージアズム(熱意)が生まれる。

エンスージアズムがなければ何も達成できない。

 

エンスージアズムを持つための具体的なアドバイス

(1)大きな声で話す

(2)早口で話す(頭がそれ以上に機敏に働く)

(3)強調すること

(4)間をとる

(5)あなたの声に微笑みを込める(キメの粗さを消すことができる)

(6)話し方に変化をつける

 

設定した目標を達成させるための計画に熱意を持つ6つの秘訣。

(1)熱心で楽観的な人々と付き合うこと

(2)まず財政的な成功を築き上げるために働くこと

(3)成功のノウハウをマスターして、日常の生活に適用すること

(4)健康に注意すること

(5)PMA(積極的心構え)を維持すること

(6)他人の手助けをすること

 

10章マスターマインドの力

 成功するために必要なエネルギーが「組織的に構成された知恵」だとしたら、無限の知性(独創的創造力)、蓄積された経験、調査と研究から得られる。

 

マスターマインドは「思考の振動」であり、「二つ以上の頭脳が調和のとれた協力をするとき、一つの頭脳よりもはるかに大きなエネルギーを生み出すことができる」

 

マスターマインドの維持

・気心の知れた人と協調グループを作る

・討論クラブになってはいけない

・話の内容は部外秘にする。

・グループは成長する

・仮入会の期間を設ける

 

11章モチベーションを生み出す魔法のアイディア
いつ、いかなるときも報酬以上のことをせよ。行動計画を立て、積極的に行動し、報酬以上のことをする習慣を身につければ、あなたはどこの誰よりもその利益をモチベーションを得ることができる。

12章潜在意識は海面下の王国である
七つの積極的な感情
・願望
・信念
・愛情
・セックス
・情熱
・ロマンス
・希望

七つの消極的な感情(絶対に使ってはならないもの)
・恐怖
・嫉妬
・憎悪
・恨み
・貪欲
・迷信
・怒り

 

10項目にわたる心の刺激剤
次に述べる一〇項目にわたる心の刺激剤を使って(当人にとっては不本意なものもある)、まず自分の心を刺激し、その働きを高めようとする。
・セックス
・愛情
・名声、権力、富に対する燃えるような願望
・音楽
・友情
マスターマインド
・社会的迫害
・深層自己説得
・恐怖
・麻薬やアルコール 

 

潜在意識の活性化

・信念は願望実現の原動力である

・信念と思考が重なった時に潜在意識が活性化される

・信念はアファメーションによって潜在意識に埋め込まれた願望を現実化する原動力となる

・信念は自分の意欲で育てることができる

・顕在意識と潜在意識は1:9の割合なので、潜在意識をうまく利用することで願望は達成しやすくなる(特に眠る直前と起床時が有効)

・信念を自発的に開発する方法は、潜在意識に繰り返し命令を送りこむこと

・潜在意識は善・悪(肯定的・否定的)を判断しにくいので、肯定的な信念と結びついた思考だけでなく、否定的な感情と結びついた思考も潜在意識に到達しやすい

・潜在意識に命令するときには、成功した時のイメージを思いえがくことにより信念を強くできるので、潜在意識にもより強く働きかけることができる

・潜在意識に繰り返しすり込まれたら、あとはオートマチックに願望達成に向けて創造的潜在意識が働く

・肯定的な感情で支配された心は、信念の強い土壌になるばかりでなく、潜在意識にも働きかけやすくできる

・感情と結びついた思考は、似たような思考を引き寄せる

※ ほめられた時は、謙遜して否定するのではなく、「ありがとう」とまず述べてから周囲の方々のおかげですと考える。またミスした時なども、一回は失敗したことを認めても、最後には「でも自分らしくなかったなぁ」と考えると潜在意識には有功

※ 肯定的な考え方と否定的な考え方が、何も100:0でなくてもよい。51:49でも過半数を越えていればよいと考えると気持ちが楽になる(潜在意識は内容までは把握できないので)

※ 否定的な感情が生まれた時でも、「自分はいったい何を望んでいるのだろう」と立ち返って考えてみると、肯定的に思考の変換がうまくいくので、調子が悪いなぁ~と感じる時こそ考えてみるとよい

 

14章第六感は英知の殿堂への扉を開く

インスピレーションはどこからくるのか

・無限の知性

・さまざまな印象や五感を通じて脳に達したものが蓄えられているあなたの潜在意識

・他人が持っている思考、アイディア、概念

・独創的思考

 

 

15章強烈な本能を創造的なものに転換せよ
強力な性的エネルギーを願望実現や目標達成のエネルギーに転換せよ。強烈な性本能ほど人の行動を駆り立てるものはない。

 

16章
コツコツと励む人が成功するのは、宇宙の摂理に従い、自分を適応させていくから

 

失敗を招く54の原因

1.明確な計画や目的を持たないため、状況に流されやすい。

2.先天的かつ重篤な体の障害がある。

3.他人のことを干渉しすぎる。

4.生涯目標となる大きな目的を持っていない。

5.十分な学校教育を受けていない。

6.自己修養に欠ける。一般に、暴飲暴食、性的耽弱、自己発達の機会に対する無関心などの形で現れる。

7.凡庸から抜け出ようとする意欲がない。

8.不健康であること〔間違った考え方、不適切な食生活、運動不足などによることが多い。(しかし、ヘレン・ケラーのように障害を背負って人々の為に偉大な貢献をした人もいることを、忘れてはならない)〕。

9.幼年期における環境の悪影響。個人の生活の基礎は、七歳迄の間にほぼ形成されると言われる。

10.始めたら最後迄やり遂げるという根気がない。

11.否定的な考え方をするのが習慣になってしまっている。

12.感情の抑制がきかない。

13.何もせずに利益を得ようとする(ギャンブル好きに多い)。

14.決定の迅速さや明確さに欠け、決定した後でも実行出来ない。

15.七つの基本的な不安のうちの一つ、あるいは二つ以上に捉われている。

16.結婚相手の選択ミス。

17.社内での対人関係、職業上の人間関係に臆病である。

18.全ての面で慎重さが足りない。

19.職業上の協力者の選択を誤っている。

20.自分に合った職業に就いていない。あるいは適切な職業選択に関心を持っていない。

21.取りかかっていることを時間内にやってしまおうという集中努力に欠ける。

22.収入と支出の管理に無関心で、浪費癖がある。

23.時間をいかに有効に使うかという計画性に欠ける。

24.抑制のきいた熱情に欠ける。

25.寛容さがないー宗教、政治、経済といった問題に関する無関心や偏見のために、心が狭い。

26.協調性がなく、他人と協力出来ない。

27.妥当でない権力や自力で得たものでない金を持っている。

28.誠実を尽くすべき相手に対して、誠実さに欠ける。

29.利己心や虚栄心を抑制出来ない。

30.必要な資料を自分で確認しないまま、意見や計画をまとめてしまう習慣がある。

31.好機に気づくだけの展望や創造力に欠ける。

32.他人や社会の為に少しでも骨を折ろうとする気持ちが薄い。

33.他人に傷つけられたり、傷つけられたと思ったとき、報復手段に訴えようとする。

34.言葉使いが下品で、礼節に欠ける。

35.他人の内情について低俗な噂話を楽しむ。

36.政府関係機関に対し反社会的な態度をとる。

37.無限の英知の存在を信じない。

38.良い結果を招く祈り方を知らない。

39.必要に応じて、他人の経験を自分に役立てることが出来ない。

40.個人的な借金の返済がルーズである。

41.嘘や極端な事実の歪曲が癖となっている。

42.頼まれもしないのに批判したがる。

43.他人の御陰をこうむるような関係を広げすぎる。

44.貪欲に不必要なものまで欲しがる。

45.自分の選んだ目的を達成させるだけの自信がない。

46.アルコール中毒、あるいは麻薬中毒

47.過度の喫煙習慣、特に絶え間ない喫煙習慣がある。

48.素人なのに契約や法律的問題を、弁護士であるかのように自分で処理したがる。

49.他人の手形に裏書きするという不必要な危険を冒す。

50.物事を先延ばしにするー昨日までに済ましておかなければならなかったことを、明日やろうとする。

51.嫌な状況になると、何とかせずに逃げ出してしまう。

52.自分の話ばかりしていて、相手の話を聞かない。

53.他人の好意を受けても、報いようとしない。

54.仕事上の関係者に、故意に不正直なことをする。

18章不安という名の七つの亡霊

1.貧困

2.批判

3.病気

4.失恋

5.自由

6.老い

7.死

 


『図解強化版 思考は現実化する』
17の黄金律(ゴールデンルール)
1. 明確な目標設定
目標が明確になってはじめて事実に至る道が見えてくる

2. マスターマインド
共通の目的をもって協力集団の結成が、自分の能力以上の成果をもたらす

3. 揺るぎない信念
「必ずできる」と心の底から信じ、行動すれば現実のものとなる

4. プラスアルファの努力
ほんの少しのプラスアルファの努力をした人は、大きな果実を手にすることができる

5. 優れたパーソナリティ
魅力あふれる人間は人を引き付け、仕事を引き付け、成功を引き付ける

6. パーソナル・イニシアティブ
問題を先送りしていては、永遠に解決することは一つもない

7. PMA(積極的な心構え)
ものごとを前向きに捉えるプラス思考が目の前の事態を好転させる

8. エンスージア
心の中でメラメラと燃える熱い思いが、自己を動かし、人を動かす

9. セルフ・コントロール
自らの思考を前向きで建設的な方向へコントロールする

10. 的確な思考の力
事実関係を正確に把握していなければ、成功への道筋を誤ることになる

11. 集中力の偉大な力
あれもこれもと手を伸ばさず、エネルギーを一点に集中させる

12. チームワーク
的確な役割分担によって効率的に成果を生み出す

13. 逆境と挫折からの利益
逆境は成功するまたとない機会であって、決して恐れたり逃げてはならない

14. クリエイティブ・ビジョン
ほんの少しだけ想像力を働かせれば、成功の新たな横顔が見えてくる

15. ヘルス・マネジメント
心と身体の健康なきところに、真の成功や幸福は訪れない

16. 資金と時間の活用
お金はむりやり集めようとしなくても、結果として自然に入ってくるようになる

17. 習慣形成とその活用
習慣は、すべての要素を機能させる目標達成のための最大のカギである

 

2R2A公式
Recognize(認識する)
Relate(関係付ける)
Assimilate(血肉化する)
Apply(適用する)

 

思考が現実化するまでのプロセス
第一法則:目標の設定
あなたの人生を決定するのは、何を目標とするかです。
あなたが成功したいと考えるのであれば、まずは成功するための目標を定義することが大事です。
そしてゴールはできるだけ明確化することが大事です。
なぜならゴールに現実味が帯びることによって、ゴールの実現に必要なエネルギーが掻き立てられるからです。
そして目標は紙に書くことが重要です。
紙に書くことによって、あなたのゴールを可視化し、行動に移すことができるのです。
ゴールの可視化
そしてゴール(手に入れたいもの)を得るために、何を差し出すのか、いつまでに達成するのか(期限)、どのように達成するのか(方法)を明確化する必要があります。
これを紙に書く生1日2回吉祥寺と出身地に実大きな声で読むことであなたのマインドが目標に向かうのです。
目標設定の注意点
目標を策定するにあたり注意点が5つあります。
1つ目は想像できること。2つ目は信じられること。3つ目は達成する意欲があること。4つ目は測ることができること。5つ目は周囲幸せにすること。
そして自分がして欲しいことを何よりもまず他人にしてあげることが重要です。
あなたが与えるから、あなたも与えられるのです。
メガネを変える
そして積極的な心構えを持つことによりプラシーボ効果を得ることができます。
肯定的な思考になる結果、あなたのレンズ(視野)が変わり、同じ景色を見たとしても、その景色が明るく見えます。
その結果、成功に向けた明確な道筋が。見えてくるのです。
例えば、逆境や挫折を経験したとしても、かけるメガネによっては、そこから利益を得ることもできます。
トーマスエジソンの有名な言葉に「私は1万回ものダメな方法発見したのだ!」という名言があります。
パートナーシップ
また成功には、パートナーという最大の協力者が必要です。
2人以上の協力者が集まることによって、お互いの経験や知識、アイディアを共有することができ、目標が達成できるのです。
カーネギーの墓石には以下の言葉が刻まれています。「自分より能力のある人間を束ねたもの、ここに眠る。」
チームワーク
マスターマインドを見つけるために重要な事は、今の自分に足りないものを知ることです。
私たちは自分に足りないものがあった場合、それを努力して身に付けようとします。
しかし、有能な人は自分で身に付けるのではなく、自分に欠けているものを補える人を探します。
つまりチームワークを形成し、メンバーのプラスアルファの能力を発揮することによって、大きなパワーを生み出すのです。
その際、チーム力を上げる動機付けとして、チーム全体の動機付けと、メンバー個々人の動機付けが重要になります。
チームとしての目標を掲げ、それに取り組む個々人の目標を見いだすことが重要になります。
人間力
チームを作るにあたり、人間力が重要になります。
他の人からの好意を得ることが成功への第一歩です。
ナポレオンヒル博士は「人に好かれることを望むのであれば、自分自身のパーソナリティーが他の人にとって好ましいものではなくてはならない。」とおっしゃっています。
視点を変える
自分がどんな人になりたいのか、どんな個性を持ちたいのか、それは100%あなたが選択できることです。
そのためには悪い習慣を捨て、魅力的な習慣を身に付けることが大切です。
また、パーソナリティーは見方を変えることによって長所にも短所にもなります。
例えば、頑固という短所は見方を変えることによって粘り強い人物であるという好意的なパーソナリティーにすることができます。
これは、自身の思考習慣をセルフコントロールすることによって望ましい自分になることができることを意味します。
環境を支配する
凡人と成功者の決定的な違いは、環境を支配できるか否かです。
凡人は環境に気持ちをコントロールされてしまいますが、成功者は環境に左右されず自分をコントロールすることができます。
それは、「環境は常に変化するものだ」という考えが前提にあるからです。
情熱をもてる仕事を見つける
すべての事業は1人の熱意から生み出されます。
1人の熱意が大きなムーブメントとなり偉大な事業を成し遂げるのです。
情熱や熱意は、想像力を高め、自発性を促進させます。
そして心を活発にし、パーソナリティーの力を高め、他人の協力を得やすくなります。
そして、この熱意は引き出すことよりも持続することの方が難しいです。
そのため、この熱意を維持するためには、あなたの好きなこと、あなたの目標達成するために役立つ事から始めることが重要になります。
また、気持ちは後からついてくると言う考え方もあります。
元々は熱意や確信がなかったとしても、行動を重ねることによって後から熱意や確信が生まれてくることもあるのです。
お金と時間
また、あなたの成功のためには、資金と時間の有効活用が必須となります。
ナポレオンヒル博士は、「あなたの目標達成するために最も重要な事は、余暇の時間だ。」と言っています。
あなたの余暇をどう使うかによって、あなたの人生が決まるといっても過言ではありません。
また、お金との上手な付き合い方もあなたの成功を左右します。
凡人はお金に支配されエネルギーと時間を消費してしまいます。
しかし、成功者はお金は単なる手段でしかないと考え、目標の実現のためにお金を利用することができます。
また、成功者は共通してお金にプラスのイメージを持っています。
お金の機能は「価値の尺度」、「交換の手段」、「価値の貯蔵」でしかありません。
ですので、このお金を使って何を手に入れたいのかを明確にすることが大事です。
時間配分
目標達成には、時間配分の考え方も重要になります。
7つの習慣に代表されるように、仕事を「緊急度」と「重要度」のマトリックスに分類してしまうと、どうしても緊急の仕事から片付けてしまいがちになります。
しかし、重要なことを急いでやるメリットはありません。
なぜなら急いで取り組んでしまうことによって、作業として「こなしてしまう」からです。
ですので、優先するべき事は「あなたの最もやりたいこと」です。
計画準備に十分な時間をかけ1番やりたいことにエネルギーを集中させるのです。
行動する
また成功者とは、「なすべきことを成した人」だと言われています。
それは人に言われなくてもやるべきことをやったからです。
成功者は必ず行動の人です。何かを始めるのに最適な時期を待つことは、誰もが陥る最悪の習慣です。
どんなにまずい計画であったとしても行動することが大事になります。
「目標達成のために今日できる小さな1歩は何か?」を考えることが大事です。
選択と集中
またあなたの夢の実現のためには、本当に欲しいもの1つに絞ることが大事です。
ターゲットを絞り、集中することで、それに専念することができるからです。
集中力をつけるためには2つのアプローチがあります。1つ目は目標を1つに絞ること、2つ目は潜在意識をプラスにする事です。
潜在意識は往々にして、消極的になりブレーキをかけてしまいます。
このブレーキを外すことによって、あなたの潜在意識を高めることができ、成功に自然と導かれるのです。
人の言葉ではなく、自分の言葉に耳を傾ける
潜在意識を高める際に重要になる事は、他人の意見に惑わされないと言うことです。
他人の意見に影響受けてしまうと的確な思考ができなくなってしまうからです。
的確な思考をするためには事実と見解を区別することが必要です。
そして夢を想像し、想像力を深め、膨らませることによってコールの実現方法が見つかるのです。
多くの成功者は、全く新しい独創的な想像を持ったわけではありません。
既に存在しているものや概念を別の視点から再構成することによって、その成功を収めています。
例えばスティーブジョブスが発明した「スマートフォン」は携帯電話とパソコン、ICレコーダー、カメラの組み合わせです。
既に存在しているものを掛け合わせることによって、新しい価値を創造したのです。
習慣の力
また成功者は習慣を味方につけています。しかし習慣は両刃の剣でもあります。
明確な目的意識を持って、主体的に身に付けた習慣はあなたを成功に導きます。しかし、成行きまかせで知らず知らずのうちに身に付けてしまった習慣はあなたの成功を妨げます。
成功も失敗も全てはあなたが作った習慣の結果です。ですので、あなたの運命を変えたいと考えるのであれば、あなたの習慣を主体的に変えていくことが必要になります。
また習慣において注意するべき事は、悪い習慣を止めるのではなくて代わりとなる新しい習慣を始めると言う考え方です。
人生において無駄にして良い時間はありません。歴史と実績に裏付けられた原理原則を知る事があなたの自己実現を加速するのです。

http://lifeshift-salon.com/think-and-grow-rich-series