akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ワーカーホリック

自らがワーカーホリックであると自慢げにプログに書いている方がいました。しかも公開企業の社長がですよ。社会的責任ってないのかなぁ(だから、新興市場の信頼がなくなるんだよね)。言葉の使い方が違うのかもしれないけど、「私は自己の満足のために、迷惑をかけます」という宣言でしかないと思う。

ウィキペディアの定義

家庭を顧みず、自身の健康も省みず、挙句、過労死で死に至ることすら厭わないという事態にもなり、結果的に当人が受け持っていた仕事の遂行も侭成らなくなる一方で、当人の得ていた労働対価に依存して生活していた家族が貧窮したりすることもある。

#私はアルコールホリックなので、もっとたちが悪いかも

仕事が楽しいから寝食を忘れて打ち込むというのは、理解できるのですが、自己の満足のために、他人に迷惑をかけたいとは思わないなぁ。海外のエグゼクティブが肥満に対して厳しいのは、セルフコントロールができないということの証ととらえているからで、
#体質改善を強要するのかどうかはさだかではない
そんなことの自覚もないから、ワーカーホリックなんでしょうね。
「仕事を与えることが報酬」的な発想の経営者がまだいるわけですし、くだんのワーカーホリック社長も「俺がこんなに働いているんだから、お前らももっと働け」という滅私奉公ってやつを要求しているんでしょうね。
滅私奉公の対価はのれんわけであったり、老後の保障であったわけで、老後の保障どころか終身雇用ですから、達成できない経営者がゴロゴロしている世の中で、経営者を喜ばせるのは、顧客を喜ばせることで事足りると思う。
一方、「いっぱいいっぱいです」といいながら、飲み会には来れるっていうスケジュール感の方もまた困ったものです。やりくりできることは、大切なんですけど、やりくりできるマージンを残して「いっぱいいっぱいです」なんていってほしくないな。ワーカーホリックになれなんていう気はもちろんないですが、会議と出張で忙殺されて、いったいいつ仕事しろっていうのかなぁ。やりくりできて、イベントなり、セミナーにいけるような契約がとれない者の愚痴でした。