akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

集合知は、全知ではない

友里氏、曰く

ミシュランガイドははっきり言えば「どこの馬の骨かわからない人たちの言ったもの勝ち(評価したもの勝ち)のただのガイド本」。

レフリーのいない、雑誌の記事も同様。ならば、集合知でレストランガイドを作り上げれば、いいかといえば否。評価は主観であり、料理は演出にも左右され、季節とかで再現性も保障されるものではない。さらに、仮に万民がおいしいというレストランなり料理があったとしても、それは平均点の料理である。書き手の主観を前提として、読み込むことが読者に問われる。つまり、情報リテラシーの問題ね。だから、ワイヤーの記事を参照して、「言ったもの勝ち」は許さないよ」と、コメントを書いている。
結局のところ、おいしいものを食べたいと思ったら、他人を当てにしてはダメで、
身をやつして、もとい太らして、突撃するしかないけど、はずれるとショックなので、ネットを検索したりするわけですね。なら、集合知に戻るわけです。「けなくの美味しかったお店」に[全力で攻撃だ]。ぶくましなくちゃ。ソーシャルブックマークというわりには他人のブックマークにはぶくまできないのね。関連するエントリーのユーザのぶくままで、展開してくれるといいのになぁ。
はてなスターの多い「店」って検索できないかなぁ。