akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

なぜ、オプソと騒がないか

という質問を受けたので。
確かに、まっさきに旗を振りそうな性格です。Smalltalkって、オプソなので、オプソといわれても、あまりに日常的光景なので、ピンとこなかったというのもあります。
さらにいえば、1986年ごろ、会社が購入したフォールトトレラントマシンがUnixが動くから、平気ですよといわれて、OSはついてこなかった。
#当時、こんな営業で購入できる企業なんてないんじゃないかと思います。
#だって、Unixのソースがあって、ポーティングできる企業って限られていたはずです。
おかげでUnixカーネルのソースを読まされて、勉強になった記憶があります。
#そんなマシンでしたが、ビルの定期点検で、電源が落ちる時など、
#きっちりミラーリングをしてから、シャットダウンしていくさまは、
#みていて、健気に感じたことを思い出しました。
つまり、ここで、プリミティブにオプソが実装されてしまったので、特別な感じがしないのでしょう。