akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

カスクストレングスについて

カスクは木樽。ストレングスは強い。
普通のウィスキーは、良い樽とそうでない樽をうまく混ぜて、加水して均一の品質を一定に「下げて」出荷する。
カスクストレングス」は、良い樽のもの(つまり、良い樽どうしをまぜているかもしれない)を加水しないで、出荷。牛乳で言うところの成分無調整だな。
一方、「シングルカスク」という場合は、ひとつの良い樽から出荷している。ただし、加水しているかもしれない。
また、通常の樽に比べて、1/4の小さな樽に詰め替えて、熟成を続けたものをクォーターカスクと呼ぶ。小さな樽へ詰め替えることで、樽に触れる表面積が増え、樽の風味が良く移り熟成も早い。
P.S.
ウイスキーが低温になると析出し沈澱することのあるウイスキー成分を取り除くために、通常は、冷却ろ過を行う。この冷却ろ過をあえて行わない(Non-chillfiltered)ことで、原酒本来の味わいをよりリッチに味わうことができるらしい。