akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

東京の天ぷら屋

東京の天ぷら屋は大きく5つの系列、
天庄系、天一系、天政系、山の上ホテル系、京星系に大別されることになっているらしい。
単に高い店を並べているだけな気もする。
寿司屋と違い修行できる環境にないので、本家は衰退している。
つまり、どこで修業したというより、本人の技量次第。
近藤文夫氏にいたっては料理長だったので、修行したわけではない。
なので、当代の東京の天ぷら屋は、
天庄系みかわ是山居(早乙女哲哉氏)
天一系天亭(越田吉徳氏)、天冨良よこ田(故人横田恒夫氏)
天政系天真(樟山真栄氏)
山の上ホテル系近藤(近藤文夫氏)、深町(深町正男氏)、楽亭(閉店)

系列外の天茂、たきやのほうが評判が良い

ちなみに、神谷町の天ぷら かつみは、オークラの「山里」でてんぷらを揚げていた方。