akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

政治的に正しいおとぎ話

政治的に正しいおとぎ話
ポリティカル・コレクトネスという運動を揶揄した物語。

赤ずきん
赤ずきんが、オオカミに
「おちびの女の子が森を一人で歩くなんて危険だよ」といわれ
赤ずきんが、
女性差別にあふれた口の利き方で、きわめて不愉快ですね。でも気にしません。あなたたちオオカミは伝統的に社会ののけ者という立場におかれてきましたから、そのストレスのせいで、ものすごく説得力のある世界観を持つようになったのでしょう」

・皇帝の新しい服
皇帝の新しい服(はだかの王様)で子どもに服を着ていないことを指摘された後
「わかった。皇帝は洋服を着ないライフスタイルを選択されたのだよ」

・三匹の小ブタ

・ルンペルシュティルツヘン

・三匹の相互依存的ヤギたち

ラプンツェル

・シンデレラ
「男性が女性に望むものをすべて集めたバービー人形」
舞踏会に行きたいというシンデレラに現れたFairly Godperson (goodmotherではない)は、本当にシンデレラが男性の視点が基準になっている美の概念に自分をはめ込んで、窮屈なドレスで血液循環を止めて、非人間動物で実験した化学化粧品で顔を塗りたくって舞踏会に行きたいか尋ねる。

・金髪娘と三匹のクマ

・白雪姫と七人の小柄な人たち
「白い色こそ感じのいい魅力的な色で、黒い色は感じが悪くて魅力的ではないという差別的な考え」からつけられた誤った名前で、彼女が森で出会う小人は「垂直方法にチャレンジされた男たち」

チキン・リトルの訴訟

・カエルの王子
ボールを池に落としてしまったお姫様にカエルの王子が「僕が取ってきてあげるよ。」と申し出ると、お姫様が、「個人的な欲求を満たすために、種が違う動物を利用搾取するのは私の主義に反してるから。」


ジャックと豆の木

・ハメルンの笛吹き