akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

シン・ニホン

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 (NewsPicksパブリッシング)

いきつくところは、ニューサイエンス、神経科学なのだろうか。

シン・ゴジラにひよったタイトルで敬遠していた。

 

「誰もが、あえて出る釘になる決意をしなければ、時代はひらかれない」 by 岡本太郎

 「創造的な仕事をなしとげる3つの条件がある。若いこと、貧乏であること、無名であること、だ」by 毛沢東

 

企業のこれからすべきこと

・採用時に性別・年齢を問わない

・時間ベースではなく生産性ベースで対価を支払う

・週何日働くという指定をしない

・トレーニングして、プロフェッショナルとして育成する

・こまめにフィードバックして、育成を促す

・ダイナミックなローテーション

・自由な就業

・生産性を下げる要因を検出、コントロールする。

 

AI-Ready化ガイドライン

https://www.keidanren.or.jp/policy/2019/013_sanko.pdf

 

戦後の勝因に対する誤解

よく言われている話→本当に起こったこと

  • 丁寧さ、これまでの技術が勝負→どこよりも早いdeployと革新のスピードで勝負
  • 既存の延長のモノづくりを追求すれば勝てる→モノでは負けても技術革新でゲームを変える
  • 日本で生まれる課題を解決すれば繁栄できる→国内に閉じず、世界的なスケールで何かをアップデートすることで富が生まれる
  • 巨大企業が産業を生み出す、 シニアな経験者が腕まくりをすれば勝てる

→若い才能が挑戦するところから産業が生まれる

 

三井物産の子会社の豊田自動織物機の子会社がトヨタ自動車

古河電気工業ジーメンスの子会社の富士電機の子会社が富士通

 

知覚を鍛えるための二つのマインドセット

・ハンズオン→実際の実行過程で直接的な経験をすること

・ファーストハンド→自分自身で体験すること

 

 

具体的な事象に向かい合うコツ

① 現象、対象を全体として受け止める訓練をする。

② 複雑な現象の背後にどのようなルール・パターンがあるのかという意識を持ち、現象や対象を構造的に見る。要素にはどのようなものがあるか(何が本質で何がノイズか、本当に一つのものか、別のものか)。要素にはどのような性質があるか(どのような変化をするか、広がり・奥行きがあるか)。要素はどのように関わり合っているか(何が何に働きかけているか、関係はどのようなタイプの力か、全体の振る舞いにどうかかわっているか)。

③ 知覚した内容を表現すること。言語でも絵でも、チャート化するのでも。表現する過程で知覚・気づきを凝縮する力が高まる。

④ 意図的に多面的に見る訓練をすること。思いつく限りの視点やレイヤーから見る。違う視点の人の考えを聴く。

⑤ "so what" を追求すること。どのような意味合いを持つのか、次のステップやその文脈、異なる文脈での意味合いを考え抜く。

 

コートニーによる「不確実性の時代の戦略思考」における3つの戦略姿勢

未来を形作る(Shape the future)

未来に適応する(Adapt to the future)

プレー権を確保する(Reserve the right to play)

https://www.soumu.go.jp/main_content/000640997.pdf

 

 

歴史的な三大死因は、飢餓、疫病、戦争