akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

トナカイ王

 

 

樺太敷香郡敷香町オタスの「トナカイ王」と呼ばれたヤクート民族のドミートリー・ヴィノクーロフ がヤクーチア(サハ共和国)の独立に向け、日本の支援を求めた物語。

 

マルキャン・ボリシコ

ウクライナ系ロシア人。元横綱大鵬幸喜の父。

 

ヤクート人

サハ共和国以外にも、周辺のアムール州、マガダン州、樺太(サハリン)およびタイミル自治管区、エヴェンキ自治管区(両管区とも2007年にクラスノヤルスク地方に併合された)にも居住している。

ツングース系のエヴェンキ人が住んでいた。

13世紀にサハ人が中央アジアから進出してきて、同化。

 

1632年9月25日、コサックのピョートル・ベケトフは現在のヤクーツクの場所にレンスキー・オストログ(レンスキー砦)を築く。

 

1991年8月15日、ヤクート自治共和国の最高会議はヤクート共和国の独立を宣言したが、共和国内の人口に占めるロシア人の割合がヤクートを大きく上回っていたために、実現には至らなかった。

 

https://xwablog.exblog.jp/7335945/