akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

テクノロジー経営の教科書

 

 

AIが支援できる3つの業務

・ビジネスプロセスの自動化

・データ分析によるインサイトの獲得

・顧客や従業員に対するエンゲージメント

 

3Dプリンタ→付加製造(Additive Manufacturing)
→材料を積層しながら造形する新しい加工法

 

付加製造工場は汎産業型(パン・インダストリアル)メーカーを生み出す。

The Pan-Industrial Revolution: How New Manufacturing Titans Will Transform the World

 

インダストリー4.0の落とし穴

付加製造技術を想定せず、従来型の資本集約的な製造技術とサプライチェーンを前提としてしまうこと、

 

ハブ・エコノミー興隆の法則

ムーアの法則

メトカーフの法則

→ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗(n2)に比例する

アルバート・ラズロ・バラバシの法則

→デジタル・ネットワークの構造はおのずと正のフィードバックループ、ひいては多方面とつながるハブを生み出し、そのようなはぶは重要性を増していく、

 

コネクテッド・カーの生態系

アプリケーション・プラットフォーム

通信機能の提供者

自動車メーカー

一次下請け、二次下請け

ソフトウェアシステムおよびサービスの提供者

半導体および処理インフラの提供者

アプリケーション提供者

保険会社

各種自動車関連サービスの提供者

規制機関

小売等企業

 

ハブ・エコノミーの支配力を抑制する「マルチホーミング

→あるハブのエコシステムの参加者を、他のハブのエコシステムに容易に参加できるようなシステム

Google mapでlyftuberが比較できるよう感じ

 

 

目次
はじめに


第1章 AIを業務改善に活かす法

 トーマス・H・ダベンポート バブソン大学 特別教授

 ラジブ・ロナンキ デロイトコンサルティング プリンシパル

AI活用で成功するプロジェクト
AIが支援できる3つの業務
STEP1 技術を理解する
STEP2 プロジェクトのポートフォリオを作成する
STEP3 試験プロジェクトを立ち上げる
STEP4 規模を拡大する
未来のコグニティブ企業

第2章 AIとスタイリストの融合で顧客体験を変えた

 カトリーナ・レイク スティッチフィックス 創業者兼CEO

データサイエンスを駆使した新しいショッピング体験
シリコンバレーらしからぬスタートアップ
非常識といわれた事業戦略
アルゴリズムを導入する

第3章 アルゴリズムを最大限に活用する法

 マイケル・ルカ ハーバード・ビジネス・スクール 助教

 ジョン・クラインバーグ コーネル大学 教授

 センディル・ムッライナタン ハーバード大学 教授

アルゴリズムを正しく理解せよ
賢いアルゴリズムがなぜ人を惑わせるのか
すべてのゴールを明確にする
近視眼的にならない
正しい入力データを選ぶ
限界を理解する

第4章 「アレクサ」時代のマーケティング

 ニラジ・ダワル アイビー・ビジネススクール 教授

AIアシスタントで私たちの生活が大きく変わる
このシナリオは夢物語だろうか
プラットフォームでのマーケティング
プラットフォームの必須課題

第5章 AR戦略:拡張現実の並外れた可能性

 マイケル・E・ポーター ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

 ジェームズ・E・ヘプルマン PTC 社長兼CEO

大きな影響を及ぼしつつあるAR
ARとは何か
ARの主な働き
ARと仮想現実(VR)の統合
ARによる価値創造
ARと戦略
ARの導入
より広範な影響

第6章 ドローン・エコノミー:データ取得の革命がビジネスを変える

 クリス・アンダーソン 3Dロボティクス CEO

ドローン技術がもたらす破壊的イノベーション
豪華なランチ代程度の費用で現場のすべてをスキャンできる
衛星と地上の中間にある巨大市場
自動運転型ドローンが起こす革命
クラウド・ロボティクスの台頭
ドローンが“ありふれた道具”になった時、本当の革命が起きる

第7章 ブロックチェーンと企業戦略

 マルコ・イアンシティ ハーバード・ビジネス・スクール 教授

 カリム・R・ラカーニ ハーバード・ビジネス・スクール 教授

経済・社会システムを一新する可能性のある“基盤”技術
4つのフェーズを経て進む技術導入
新しいアーキテクチャ
ブロックチェーン技術導入の枠組み
ブロックチェーンへの投資ガイド

第8章 3Dプリンティングの進化がものづくりの常識を覆す

 リチャード・A・ダベニー ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

3Dプリンターが武器になる時代
3Dプリンターの進化
6つの新しいビジネスモデル
1 マス・カスタマイゼーション(大量カスタマイズ生産)
2 マス・バラエティ(大量多品種生産)
3 マス・セグメンテーション(大量セグメント生産)
4 マス・モジュラライゼーション(大量モジュール化生産)
5 マス・コンプレキシティ(大量複雑化生産)
6 マス・スタンダーダイゼーション(大量規格品生産)
付加製造を利用した企業戦略
“汎産業型”メーカーの台頭

第9章 コラボレーティブ・インテリジェンス:人間とAIの理想的な関係

 H・ジェームズ・ウィルソン アクセンチュア・ハイパフォーマンス研究所 マネージングディレクター

 ポール・R・ドーアティ アクセンチュア 最高技術責任者兼最高イノベーション責任者

人間とAIは補完し合って最大の成果を発揮する
人間が機械を助ける3つの重要な役割
機械が人間を助ける3つの方法
5つの特性からビジネスプロセスを見直す
人間とAIをつなぐ融合スキルがカギ

第10章 あなたの上司がロボットに代わったら

 ウォルター・フリック 『ハーバード・ビジネス・レビュー』 アソシエートエディター

考える機械といかに働くのか
アルゴリズムを信用する時、信用しない時
自分に似ていると、ロボットへの信頼は高まる
ロボットが人間的になりすぎる場合もある
ロボットの同僚が好まれるのは、どのような時か

第11章 ハブ・エコノミー:少数のデジタル企業が世界を牛耳る時代

 マルコ・イアンシティ ハーバード・ビジネス・スクール 教授

 カリム・R・ラカーニ ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハブ企業の強大化は社会・経済を不安定にしている
デジタル版ドミノ効果
自動車業界を再設計する
スケールメリットの拡大は止めがたい
巻き返し