akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

未知の贈りもの

 

イカは単純で原始的な脳なのに、複雑で莫大な情報量を取得できる、高価な望遠レンズのような眼球を持っている。このことから、植物学者動物学者、生物学者、人類学者、動物行動学者でありながら、スピリチュアル的なイカは海洋の目、地球の感覚器官という仮説を立てる

 

物理学は未来から現在への情報伝達を禁じてはいない

 

共感覚と予知力

 

ホログラム原理をめぐる空間と時間の連続性

スタンフォード研究所のハロルド・プットフとラッセル・ターグは、空間で立証されたホログラム原理は、時間にも当てはまると示唆している。

空間の一点が全空間の情報を持っているように時間の中の各瞬間がすべての時間のことを知っている。

すなわち、現在は過去の産物であるだけでなく、未来の産物でもある

 

体内の各細胞、その細胞の中の各分子や原子は常に振動している。

つまり、身体はマイクロウェーブを放射する。

逆に受信もしている。

これを利用するためには地球意識をもたないとならない。

 

地球意識計画というものがある。

http://www.global-mind.org/

 

治療師のなかには、磁場や電場を引き起こす人がいる。

自然治癒するものを磁場や電場によって能動的にしている。

 

水たまりを記憶していて、そこにのジャンプするハゼ

ミツバチは餌の場所を長期間覚えている。

オドリバチは覚えていた場所に太陽の位置からたどり着ける。

ウズラが毎年帰ってくる

鳥は毎年同じ巣を使う

 

地球のイオン圏の空洞は1250秒の周期をもった共鳴板

つまり、2050秒ごとに一回共鳴する。

毎日69回鳴り響く巨大な銅鐸の上に住んでいる。

 

スイス・ティチーノ州のヌードルってなんだろう。