akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

Slow food, Slow living, and Slow Architecture

メインフレーム時代のバッチを流したら、出力結果が届けられるまでしばらく茶でも飲んでいるか的な牧歌的な光景。
平均寿命の短かったい江戸時代までは、分という単位ではなく、太陽を見て、朝、昼、晩的な時間の流れから、黄昏時とか、丑の刻(午前1時ごろから午前3時ごろ)、せいぜい、丑三つ時(午前2時ごろから午前2時30分ごろ)という緩い時間軸で生活していたんだろうな。
これだけ平均寿命が伸びたことだし、怠惰という意味ではなく、着実にロールスロイスのような低速トルク的ななにか。
デザインシンキングでもう少しアジャイルについて考えてみよう。