akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

タマネギ V.S. トマト

バターチキンはムルグマカニといい、残り物の鶏肉をバターとクリームをたっぷり入れたトマトグレービーソースと混ぜることにより、偶然できたレシピ。

タマネギを使わないこととカスリメティを使うことが決めて。

タマネギを使わなくてもグルタミン酸はトマト、甘味はジャム(ジャムは水野理論に従って鶏肉にはママレード)で補うということなんだろうけど、ちょっと不安だったが、この方向性はあり。これがバターチキンなのかというと別物な気がする。

一方、ウプカレーはトマトを使わないので、酸味があまり好きではないので今度はつくってみたい。

 

参考にしたレシピは以下。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/tokyocurrybancho/16-00363

 

 

鶏もも肉:250g

バター:30g+ギーの分(適当)  トマトピューレ:100ml 

プレーンヨーグルト:大さじ3  牛乳:300ml  生クリーム:50ml

カレーパウダー:大さじ1.5  

カスリメティ(カルディ):大さじ1  カシューナッツ:大さじ1  〇あんずジャム:小さじ1

にんにく:2片  しょうが:1片  水:50~60ml

 

実際は、ギーをつくったり、油でカシューナッツをあげたりと小技を駆使している。

 (new)というのはいつものプロセスではなく、バターチキンのために更新されたパロセス。

 

①鶏肉をひと口大より大きめに切ってザルに移し、2回ほど水洗い。

②鶏肉にヨーグルト大さじ3杯程度(200g)を混ぜ合わせ、カレー粉を大さじ1/2、

冷蔵庫に10~15分入れる(長ければ長いほど良い)。

③ニンニク1個、ショウガ一袋の半分をフードプロセッサーでペースト状に。

④(new)鍋にバター:30gをいれて、弱火で1-2分、にんにく+しょうを入れて、弱火で3-4分

⑤水トマト、薄皮を向いた状態の残りのニンニク1個分を鍋に入れてさらに炒める(トマトの水分を飛ばす感じ)。

→(new)カレー粉を大さじ一杯加える。

→(new)ジャムと牛乳を加え、強火にして沸騰したら、15分弱火で煮込む

⑥(new)別のフライパンで、

油でカシューナッツをあげてペーストして、そこに

冷やしておいたチキンを炒める

→ルーの鍋に加えて弱火で15分煮る

→生クリーム(25ml)を加える。

カスリメティを加えて5分煮る。

⑦仕上げに塩を適量と「ギー」を投入。