akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

歴史物語ミャンマー

[まとめ買い] 歴史物語ミャンマー

独立自尊の意気盛んな自由で平等の国」

著者は元駐ミャンマー特命全権大使なので、割り引いて読まなければならない。

 

世襲制の貴族階級は存在しい

→王の従臣は一代限り

 

ミャンマー人の名前は、苗字がない

核家族を基本とする個人主義的家族制度

 

南部にモン族が住み、北部では7世紀にピュー人がピュー(驃)を建国した。

1044年、南詔支配下にあったビルマ族がエーヤワディー平原へ侵入してパガン王朝を樹立

 パガン王朝は13世紀にモンゴルの侵攻を受け、1287年のパガンの戦いで敗北し、1314年に滅びた。

ビルマには、モン族がペグー王朝 (1287年 - 1539年)を建国し、

ビルマには、ミャンマー東北部に住むタイ系のシャン族がピンヤ朝(1312年-1364年)とアヴァ王朝(1364年 - 1555年)を開き、強盛になると絶えずペグー王朝を攻撃した。

アヴァ王朝が衰退に向かうと、ペグー王朝(ラカインとバゴー)が繁栄した。

シャン族の王朝が割拠したが、ティンカバービルマ人の王朝(タウングー王朝)1347再興した。

17世紀にタウングー王朝が衰亡し、再びモン族・シャン族が再興ペグー王朝を興した。1752年3月、再興ペグー王朝によって復興タウングー王朝が滅ぼされたが、アラウンパヤーが王を称しモン族・シャン族の再興ペグー王朝軍に反撃し、これを撃退。1754年にビルマを再統一した。これがコンバウン王朝である

 188511月 第三次英緬戦争で王朝は滅亡。

18866月 ビルマはイギリス領インドに併合

1943ビルマ国が建国

1945327日再びイギリス領

1948年にイギリス連邦を離脱してビルマ連邦として独立。

 1989年6月18日 軍政側はミャンマー連邦へ国名の改名

1990年5月27日 総選挙が実施され、NLDが圧勝した政権は移譲されなかった。

政権を移譲しなかった国家平和発展評議会(SPDC)の言い分として、

→SPDCは国家法秩序回復評議会(SLORC)が1997年11月に改組されたもの

 この選挙は定員485人の議員を選出するだけのものであった。

軍を批判すれば票が集まる選挙であった。

軍を批判すれば逮捕されるが、唯一の例外がアウン・サン将軍の娘アウン・サン・スー・チーであった。

アウン・サン・スー・チー知名度を利用した寄り合い所帯であった。

民族分割統治により民族闘争があり、解決後に移譲しなければ内乱が起きる

憲法がなかったため、選定する必要があった。

一方で、ミャンマー連邦共和国憲法の規定で、アウン・サン・スー・チーは大統領就任できなかった。