akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

かくて行動経済学は生まれり

 

 

原書のタイトルは"Undoing Project(あのことさえなければ)"。

すでに起きた事実を取り消し、やり直しをしようとする思考。

 

行動経済学という概念を生み出した(ファスト&スローの)ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーの物語。

 

以下のフィルターでPost-Truthは説明できる。

・確証バイアス

自分にとって都合の良い証拠ばかりを集める。

代表性ヒューリスティック

→類似しているからといって安心する「

利用可能性ヒューリスティック

→手近なものや見慣れたものを無条件で信じる

・妥当性の錯覚

→インプットのパターンに一貫性があると、理屈抜きで予測に自信満々となる。

・アンカリング

→初期値に推計値が左右されることに気づかない

・確証バイアス

→遮眼帯をかけて見たくないものを見ない

 

Post-Truth
接頭辞のpostの意味が拡張され、「~の後」だけでなく「パラダイムが変わり従来の意味が損なわれた」というニュアンスを含んでいる。

 

後知恵バイアス

いったん結果を知ると、自分の予想した通りだと思いやすい。

 

直感を排除するとよりよい判断ができる


人が意思決定を行うときは効用を最大にするのではなく、後悔を最小にしようとする

 

「うそも百回繰り返せば真実になる」というナチス宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの名言(?)を引き、「真実を暴けばデマに勝てる」という単純な二分法はもはや通じない。うそを真実と錯覚させる操作そのもの、「見えざる手」が見えてこないかぎり、Post-Truth津波にのまれるだけ。

 

「AがBより好まれBがCより好まれるなら、AはCより好まれる」という推移律が成り立たない。

 

直感を排除するとより良い判断ができる。

 

エイモスの類似性の特徴

類似性は共通する特徴を加えること、あるいは違う特徴を削ることで高まっていく。

 

人の瞳孔は、好ましいものを見ると大きくなり、不快なものを見ると小さくなる。

 

脳の記憶は簡単に騙される。

 

代表性ヒューリスティック

利用可能性ヒューリスティック

③係留ヒューリティックス

④シミュレーションヒューリティックス

生活におけるさまざまな意思決定のためには、未来に起こることをシミュレーションする。この未来シナリオは制約条件をもっている。

 

サミュエルソンの賭け」のパラドックス

アレのパラドックス

 

期待効用理論

人は効用を最大にするように行動する。

→効用ではなく「後悔」を最小化する。

 

プロスペクト理論→(リスク・)バリュー理論 

人はその説明の違いに応じて異なる反応を見せる。