akon0.98bのよっぱらいの戯言

好客三年不変店 好店三年不変客

昨日の昼ランチの素カレーの解説

私のスパイスカレーの最終目標は体調によってスパイスの比率を代えられるようになることだけど、もうひとつの方向性として、出汁とトマトを使わない縛りはかわらず、

神田のOCEAN breeze(鎌倉にも同じ傾向の店がある)のように、ごはんを真ん中にして、その上にキーマ。まわりにディップ、そして、混ぜて食べるがある。

つまり、ディップであとから調整しょうという作戦。

このディップの候補として、最近浮上しているのが、海苔のスパイシー佃煮。

まずは、海苔の佃煮自体がどのくらい影響があるかの実験計画法。

海苔の佃煮のレンチレシピ

https://macaro-ni.jp/48998

 

フライドオニオンがレンチでできるという記事を見かけたので、レンチといえば魔法のカレーポットです。

フライドオニオンはカレーのためのディップの鉄板ですが、魔法のカレーポットといえども時間がかかる。試行錯誤しないと適正時間はわからない。タマネギ半分で10-20分くらいかかった。

https://kumiko-jp.com/archives/146151.html