akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

NO FLOP!

 

 

■アイデアの 90% は間違っている
新商品やサービスの失敗の三つの大きな要因

・市場投入
・機能やデザイン
・アイデアそのもの

 

失敗しない技術のコアになる考え方は、Right itという正しいアイデアをつくり、本当に正しいかを適切な方法で検証すること。

Right it→適切な方法で進めれば市場に受け入れられるアイデア。対義語はWrong it。

 

グーグル墓場

https://gcemetery.co/

 

失敗するパターンはほとんど「FLOP」である

失敗(failure)の原因は、市場参入(Lauch)か機能(Operation)かコンセプト(Concept)である。

 

データの基準

①新しくなければならない

②製品と強く関連していなければならない

③出どころを把握しておかなければいけない

④統計的に正確でなければいけない

 

「他人のデータ(OPD)」を信用するな

あなた自身に必要なデータ(YOD)を自ら収集しろ

 

仮説をより明確にしてくれる公式「XYZ仮説」

市場がなければ「道はない」

願望や妄想ではなく仮説であれ

 

■XYZ仮説とプレトタイプ

MEM(市場の反応に関する仮説)
Right itの検証

XYZ 仮説

→明確で検証可能な仮説。「少なくともXパーセントのYはZする」 と表現される仮説。

 

あいまいな仮説
コインランドリーで洗濯をしている人のほとんどは、その時間をきわめて苦痛に感じている。だから、数ドル余計に払っても、洗濯物を取りに来て、洗濯・乾燥し、それなりの期間内に届けてくれるサービスを利用するだろう。

明確な仮説 (XYZ仮説) 
コインランドリーで洗濯をする人の少なくとも10%は、洗濯物を取りに来て、24時間以内に洗って返してくれるサービスを5ドル払って利用するだろう。

 

 

「超ズームイン」を使っていますぐ検証可能な仮説をつくれ

Y(ターゲット市場全体)からy(当初のテストを行うための、身近で小規模な対応可能な市場)

 

■プレトタイプ
XYZ仮説を検証するために、プレトタイプをつくる。

プレトタイプは、プロトタイプとは役割が異なる。

 

プロトタイプとはプロトタイプを使って検証すること
・製品やサービスのアイデアが実現可能かどうか
・つくる場合にはどうつくるべきか
・どのように機能するのか、どんな形やサイズにするのが最適か

 

プレトタイプは、そのアイデアをそもそも手がけ、製品化すべきかどうかを、すぐさま低コストで確かめるもの。

プレトタイプを使い、そのアイデアがRight itかどうかを検証する。検証のポイントは YOD を手に入れること。

 

プレトタイピングの手法

①「メカニカル・ターク(機械じかけのトルコ人)」型

②「ピノキオ」型

→「あなた自身が使いたいと思うか」が最も重要

③「ニセの玄関」型

④「ファサード」型

⑤「YouTube」型

⑥「一夜限り」型

⑦「潜入者」型

⑧「ラベル貼り替え」型

 

■YODで検証する
YOD( Your Own Data)→あなた自身のデータ。自分たちのアイデア検証のためだけのデータ。

イデア検証を他人のデータ(OPD:Other People's Data)を使うと、適切な検証方法にはならない。データを重視し、かつそのデータがYODでなければならない。

 

■身銭を切るか
検証でRight it かどうかを見極めるポイントは、ユーザが身銭を切るかどうか。アンケートでの 「使ってみたい」 「買いたい」 という意見ではなく、実際にお金を払うか、それ相応の対価を払って使ってくれるか。

意向という気持ちではなく、身銭を切るという行動が起こるかで、アイデアが正しいかどうかを見極める。

 

■勝つための戦術

・グローバルに考え、ローカルに検証する。

・48時間以内に検証する→

・とことんコストを落として挑む

・「惜しいが『はずれ』ゾーン」を意識しろ

 

===

目次

はじめに 「自分がどこで間違えたかわからない」ことほど怖いものはない

「失敗しない」、本書の読み方
Part1 事実を直視しろ
1.新製品失敗の法則
-失敗という最もありがちな結果」から 一歩でも遠ざかるために

新しいことの「ほとんど」は失敗する

たとえ「きちんとつくったとしても」失敗する

市場での「失敗」と「成 功」の定義を明確にせよ

どれだけ大きな数字でも「ゼロをかければゼロ」

イデアがどんなものでも「90パーセント」は失敗する

とびきり優秀な人たちの「劇的な失敗」

ディズニーの超大作も、マスコミ大注目のグーグル新サービスも大失敗

「経験と能力」は新商品を手がける際には「無意味」

 グーグルで得た「失敗を学ぶ機会」

失敗するパターンはほとんど「FLOP」である

ほとんどの失敗は「コンセプト」が原因

 

2.「ライトイット」を見つけよ(The Right It)
-「新製品失敗の法則」に打ち勝ち、 成功する確率を劇的に上げる唯一の方法

 

そもそもが間違えているアイデア「ロングイット(The Wrong It)」

「市場調査をしても失敗する」理由

「綿密な市場調査」と「大規模キャンペーン」をおこなって大失敗

市場調査の結果は「本当に成功するために必要な データ」なのか?

「想像の世界」であなたを勘違いさせる四つの「落とし穴」

主観に満ちた「見当違いの意見」に耳を貸すな

「好意的な意見」ほど気をつけろ

たった二年で破産申請した一大プロジェクト

なぜ「成功するアイデア」をあきらめてしまうのか

グーグルですら「大したビジネスに成長するわけがない」と思わ れていた

「自分の意見」も「他人の意見」も「専門家の意見」でさえも信用できない

 

3.データは意見より強し

-グーグルでは「意見」は無価値

データの基準①新しくなければならない

データの基準②製品と強く関連していなければならない

デー タの基準③出どころを把握しておかなければいけない

データの基準④統計的に正確でなければいけない

「他人のデータ(OPD)」を信用するな

あなた自身に必要なデータ(YOD)を自ら収集しろ! 。

Part1のまとめ&Part2に向けて

 

Part2 最強の思考ツール
4.正確な仮説を立てろ
-あいまいさを排除し、 明確で鋭い思考ができるようになるツール

市場がなければ「道はない」

具体的で検証可能な仮説を立てろ

「願望」「妄想」ではなく、「仮説」であれ

グーグルで身につけた「あいまいな思考」を「検証可能な仮説」に変える術

仮説をより明確にしてくれる公式「XYZ仮説」

「XYZ仮説」はこう使え

「超ズームイン」を使っていますぐ検証可能な仮説をつくれ

 「超ズームイン」は大胆に

「完成した製品がない」のに市場で売れるか検証できる「最強のツール」

 

5.「そもそもが間違っていないか」を早めに検証せよ

-あなたのアイデアが成功するかどうかを検証する最強のツール 「プレトタイピング」
ターゲットが「本当に買ってくれるのか」試したかったIBM

IBMが膨大な時間とお金をムダにせずに済んだ「画期的な実験手法」

多くの人が陥る「高価で危険な」負のスパイラル

「プロトタイピング」と「プレトタイ ピング」は何が違うのか

山のように集まったそもそもが間違いだった失敗例

失敗のほとんどはプレトタイ ピングで「避けられた」!?

プレトタイピングの手法①「メカニカル・ターク(機械じかけのトルコ人)」型

洗濯物自動たたみ機つきコインランドリーは成功するのか!?

どんなアイデアでもプレトタイプすべき二つの理由

プレトタイピングの手法②「ピノキオ」型

「あなた自身が使いたいと思うか」が最も重要

徹底的に「ふりをする」ことが重要

本質的な答えに近づく問い「そのアイデアは、そもそも実現すべきなのか?」

プレトタイ ピングの手法③「ニセの玄関」型

Win-Win-Win(ウィンウィンウィン)を目指せ

「意見」を重視した 人たちの「悲惨な結末」

毎年何百人もの人が「市場で失敗する製品やサービス」をつくっている

「罪悪感なく」データを集める方法

プレトタイピングの手法④「ファサード」型

ファサード」型であなたを成功に導く 有益なデータを得よ

プレトタイピングの手法⑤「YouTube」型

「グーグルグラス」はなぜ失敗したのか!?

プレトタイピングは「きわめて割のいい投資」である

プレトタイピングの手法⑥「一夜限り」型

「大きな投資」の前に「小さなテスト」

プレトタイピングの手法⑦「潜入者」型

多少のリスクの裏に「ハイリター ン」が待っている

手っ取り早くデータを得る「ネットショップ利用法」

プレトタイピングの手法⑧「ラベル貼り替え」型

組み合わせて使うことで成功がぐんと近づく

多くの出版社に断られた『ハリー・ポッター

 

6.データ分析の精度を上げろ
-最終的な意思決定のために データの意味を正確に読み取る方法

 

そのアイデアに人は「身銭」を切ってくれるのか?

「どのくらい身銭を切ってくれるか」を測る実験

「意見」も「いいね!」や「リツイート」もまったく価値がない

「メールアドレス」や「電話番号」の提供は最低限の「身銭」

「質」を重視したデータを取れ

集めたデータの何を見て「成功する」と「失敗する」を判断するのか

一回の 実験で判断することがばかげている理由

最低でも三~五種類の実験をせよ

あなたのアイデアが成功する までの道のり

 

Part3E 成功するための「戦術」
7.最後まであきらめるな
-「プレトタイピング」の効果を 最大化させる考え方」

 

〈勝つための戦術1〉グローバルに考え、ローカルに検証する

地理的概念を超えた「グローバル」「ローカル」のとらえ方

「ローカルに検証する」は最重要戦術である

「最短距離」で検証できる場所はどこか

オンライン上でも「ローカル」を意識せよ

〈勝つための戦術2〉四八時間以内に検証する

なるべく「早く」データを集 めるべきこれだけの理由

〈勝つための戦術3〉とことんコストを落として挑む

〈勝つための戦術4〉惜しい がはずれ、「ゾーン」を意識しろ

「そもそもを間違っていた」としたらどうすべきか

「創造性」を鍛えるス タンフォード大学の「「○○のアイデア」授業

最初に思いついたアイデアが「最高のアイデア」とは限らない

「大転換」よりも「微調整10回」と心得よ


8.失敗しない思考プロセス
-ツールと戦術を用いていかに「間違わない」意思決定をするか

渋滞中に思いついた「バスを教室に変える」アイデア

まずはアイデアを「あいまいにせず」に、「明確に」とらえる

「そもそもを間違わない」ための「XYZ仮説」

「より具体的な表現」があなたを「想像の世界」から脱出 させる

より検証しやすいように「超ズームイン」する

訪問者がいくら「身銭」を払ってくれたかで判断する

まず「時間」と「金額」から検証する

欲しいデータを得るためにプレトタイピングをどう選ぶのか

できるだけ倫理的なウェブサイトを目指す

結果を慎重に分析し、次につなげる

「新製品失敗の法則」を決して忘れてはならない

よくない結果のとらえ方しだいで成功に近づく

「グーグルの社員」から舞い込んだ 思わぬ幸運

一つずつ問題を解決していく

データを収集し続ける人だけに見えてくる世界

アンケー トの「ひと工夫」で「身銭を切ってくれるか」確認できる

ついにたどりついた! 最高のアイデア、最高のサービ ス!

 

9.最終結
-失敗できない人の 失敗しない技術

 

自分だけは「失敗とは無縁」だと思っていた

「過ちを二度と繰り返さない方法」を見出したい

そもそもが 間違ってはいないか?

あいまいさを排除し、正確な仮説を立てろ

最強の仮説検証ツール「プレトタイピン グ」

集めたデータを「どう分析するか」で結果は変わる

ツールをどのように使えば、勝てるのか

本書の技術を使えば必ず約束できる三つのこと

「最高のアイデア」とは何か?

イーロン・マスク」の忠告

 プレトタイピングをおこなうもう一つの重要な理由

どんなにいいアイデアも、あなたと相性がよくなければ意味 がない

それは世界にとっての「ライトイット」か?

良心にもとづいた判断が正しい方向に導いてくれる

志を高みに置き「手っ取り早く稼げる」を超えた視点をもつ

究極の「ライトイット」を狙おう

 

謝辞

用語集