akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

新撰・新訳 悪魔の辞典

 

 

会話──二流以下の連中が、お互いに自分の頭脳の中身を陳列し合う共進会。ただし、誰も彼も自分の商品を並べ立てるのに忙しく、隣人が並べてみせる商品を眺める余裕など、全然ないのが普通。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人間
  
反乱──失敗に終わった革命。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #社会
  
忍耐――それによって凡人が不名誉な成功を収めるくだらない美徳。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #苦悩
  
口──男の場合は魂の出入り口、女の場合は心の出口。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
偏見──明白な支えの手段を持たない気まぐれな意見。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #名誉
  
気晴らし――一般的な疲労を癒す、特殊な失意。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
専門家――あなたの知らないことにはやたら詳しくて、あなたの知っていることは何も知らない人のこと。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #勉学
  
人間──自分で考えている自分の姿に有頂天に見入っていて、明白な自分のあるべき姿を見落としてしまう動物。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #名誉
  
発言──できの良くない頭の中身を陳列し合う法。お互いに、自分の商品の配列に夢中で、隣人の陳列した商品を、眺める余裕が持てずにいる。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人間
  
幸福──他人の不幸を眺めることから生じる快適な感覚。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #幸福

 

歯医者──おまえの口に金属を入れ、おまえのポケットから硬貨を引き出す男。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #金銭
  
金銭──邪魔にならない財産。手放すとき以外、何の利益ももたらさない。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #貧富
  
成功──人がその仲間に対して犯す、ただ一つの許し難い罪。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
政治――主義主張の争いという美名のもとに正体を隠している利害関係の衝突。私益のために国事を運営すること。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #政治
  
法律家──法律の網をくぐる技術に熟練している者。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
想像──事実がしまいこんである倉庫で、詩人と嘘つきの双方で共有するもの。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
保守主義者──現下の悪弊に心酔したる政治家のことで、新たな悪弊をもって従来の悪弊にとって代えんと欲する自由主義者の向こうを張る。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #政治
  
暴動──悪気などぜんぜん無い見物人が、軍人たちのために催す庶民的な催し物。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #組織
  
悪人――人類の進歩に最も重要な要素。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #幸福
  
放蕩者──快楽を追求するのも結構だが、あまり熱心に求めたので、不幸にもそれに追いついた人間。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #幸福

称讃──他人が自分自身に類似していることを礼儀正しく認めること。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
宗教──「希望」と「恐怖」を両親とし、「無知」に対して「不可知なもの」の本質を説明する娘。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
マチュア――己の趣味を技量と、野心を能力と混同している世間の厄介者。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #幸福
  
忍耐――美徳に見せかけた小さな絶望。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #苦悩
  
家庭――最後の頼みの綱として訪れる場所。24時間営業中。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #結婚
  
無宗教──世界中の偉大な信仰の中で、一番重要な信仰。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
日記――自分の生活の中で、自分自身に対して赤面せずに物語ることのできる部分についての日々の記録。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #女
  
退屈な人間──聞いてもらいたい時に話をする人間。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人間
  
相談せよ。あなたが既に決めた道を他者に認めてもらうために。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
流行──人々が嘲笑しながらも服従する専制君主
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛

正義――忠誠・税金・個人的奉仕に対する報酬として、一国の政府が市民に売りつける品質の落ちた商品。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #勉学
  
格言――歯の弱い者にも噛めるように、骨を抜き取った人生の知恵。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人生
  
平和――二つの戦争の時期の間に介在する、だまし合いの時期。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #戦争・平和
  
博学──学問に励む人によく見られる一種の無知。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #勉学
  
意志のあるところに「否」あり。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
陰口──対象に見られる危険の無い時、彼についてありのままを話すこと。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
礼儀──文句なく是認(ぜにん)される偽善。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #幸福
  
希望──欲望と期待とが丸められて一つになったもの。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人生
  
恋愛――患者を結婚させるか、あるいはこの病気を招いた環境から引き移すことによって治すことができる一時的精神異常。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #恋愛
  
議論――他の人の思い違いをますます強固なものにする方法。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世

財産──どんな物質的なものでもよい、それになにも特別の価値がなくとも、それを甲が所持していて、乙が欲しがっても渡すまいとするたぐいのもの。なんでもあれ、一人の所有欲を満足させ、他の全ての人の所有欲を失望させるもの。人が矢も盾もたまらず奪い、後はいつまでも放っておくもの。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #貧富
  
批評家──自分に機嫌をとる者が誰もいないところから、自分は気難しい人間だと自負している連中。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人間
  
機会──失望をつかみたければ、これが好機。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人生
  
苦痛──友人の繁栄に曝(さら)されることによって罹(かか)る病気。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #友愛
  
反省──昨日の事物と自分の関係をとらえ、再び遭遇することのない危険を避けること。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
ART(芸術)──RAT(ネズミ)の組み合わせ文字から一字を動かしたもの。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #勉学
  
冷笑家──視力に欠陥があるため、ものごとのあるべき姿ではなく、あるがままを見てしまうヘソまがり。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人生
  
幽霊──内なる恐怖が外に現れた、目に見えるしるし。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
商業…Aなる者がBなる者から、Cなる者の商品を奪い、その埋め合わせにBなる者がDなる者のポケットから、Eなる者の所有にかかる金銭をかすめとる取引の一種。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #金銭
  
友情…天気のいい日は二人乗るが、悪い日は一人しか乗れない船。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #友愛

戦争…平和の技術が産み出す副産物。国際親善の時期に、政治情勢が最大の危険に直面する。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #政治
  
外交…祖国のために嘘を言う愛国的行為。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛
  
歴史──たいていは悪党である支配者と、たいていは愚か者である兵士によって引き起こされる、主として取るに足らぬ出来事に関する、たいていは嘘の記述。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #組織
  
経験──これまで我々が奉じてきた愚行が、あらずもがなの古なじみである、と分かるようにしてくれた英知。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
結婚──共同生活体のひとつの場合で、ひとりの主人とひとりの主婦と、二人の奴隷から成り、それでいて全部合わせても二人にしかならない状態あるいは境遇。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #結婚
  
野心──生きているうちは敵から罵言され、死後は味方から冷笑されたいといった、抑え切れないような激しい欲望。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #生死
  
卑屈──富とか権力を前にして執るところの好ましい習慣的な心の態度。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #貧富
  
へつらい者──右手を向けてと言われ、その通りにすると、後ろから足蹴にされることがないように、腹這いになったまま、偉い人に近づこうとする人間。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛
  
自制──先行する偏愛の道楽である。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛
  
知り合い──相手が貧乏だとか無名であった場合には、顔見知りくらいだと言われ、金持ちだったり、有名だったりする場合には、親密な人間だ、と言われる友人関係をいう。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #貧富

 

黄昏時、老齢──すでに犯すだけの冒険心が持てなくなっている悪徳を悪しざまに言うことによって、いまだ失わずに持っている悪徳を棒引きしようとする人生の一時期。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #年齢
  
愛国者──政治家には馬鹿みたいにだまされ、征服者には手もなく利用される人間。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛
  
隣人――われわれのほうでは、命令のあるように、己を愛するようにしているのに、あらゆる手を尽くして、その命令に背かせようとする者。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #愛
  
うわさ──人の評判を抹殺しようとする暗殺者たちが好んで用いる武器。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
人の読書で分かるのが学びと育ち。何が笑いを誘うかで、その人の未来を卜(ぼく)す。読むなかれ、笑うなかれ。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #読書
  
エゴイストとは、他人のエゴイズムのことを、少しも考慮しない人のことである。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
世間──不特定多数の個人。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #組織
  
女性──普通「男」の近くに住む、順応性の少ない動物。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世
  
人生──肉体を貯蔵して腐敗しないようにする精神的な漬け水。我々は、この漬け水がなくなりはしないかと思いながら生きている。けれども、たとえそれがなくなっても、惜しまれるものではない。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #人生
  
教育──それぞれ理解力に欠けていることを、賢者に対しては赤裸々にし、愚者に対しては隠匿して見せないようにすること。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世

 

野党──政治において、政府与党の足を切断することによって、乱暴狼藉の限りを尽くさせぬようにしている政党。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #勉学
  
不運──決して取り逃がすことのない種族の運。
アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』 #処世

 

 

目次


 愛国者愛国心アカデメイア/赤ん坊/悪党/悪人/悪魔/顎ひげ/麻縄/あどけなさ/アフォリズム/阿片剤/アマゾン/アマチュア/過ち/あら捜し屋/憐むべき/安心/安堵の思い


 言い紛らす/家/いかさま医者/異教徒/遺産/医者/移住者/異常な/一年/一刻者/一夫多妻/いとしい人/犬/犬畜生/インク/隠者/インタビュー/いんちき/引用/引力


 飢え/ウォール街/受け入れる/蛆の餌食/噓つき/自惚れ/噂/運命


 絵/英語/餌/エピグラム/エプロン/縁者びいき/厭世観/演壇/円頂党員


 追剝/横隔膜/王子さま/横柄な/臆病者/オーストラリア/親殺し/オリンパスの/恩恵を施す人/恩知らず/おんな


 絵画/改革/懐古/悔悟/外交/外国語通/外国の/会社/回想する/海賊/回転式連発拳銃/解放/快楽/会話/下院議員/鏡/牡蠣/格言(鋸)/学識/革命/賭け事/過去/ガーゴイル/ガス計量器/カスタード/火葬/家族/鵞鳥(愚か者)/活字/家庭・ホーム/金物/金持の/鵞ペン/剃刀/火薬/過労/歓迎会/感謝の念/関税/完全/款待/鑑定家/感動/頑張り/慣用法


 気鬱/機会/祈願する/奇行/接吻/偽善者/貴族/貴族政治・貴族/機知/記念碑/昨日/気晴らし/希望/欺瞞/義務/求愛/急進主義/休戦/窮地/キューピッド/教育/教会/狂気の/競売人/共犯者/享楽主義者/教理問答/共和国/局外者/拒絶/虚無主義者/キリスト教徒/ギロチン/議論/金言/金権政治/銀行預金/金銭


 悔い改めた/悔い改めぬこと/空気/偶然/偶像崇拝者/寓話/口/口軽なこと/苦痛/靴下どめ/愚鈍/苦悩/クラブ/クラリネット/クリスマス/訓戒/君主/群衆/君主政治/軍隊


 計画する/警句/経験/敬虔/経済/警察/刑事/系図/系譜/軽蔑/刑務所/劇作家/結果/穴居人/結婚/結婚式/決闘/月曜日/毛虫/検閲官/言語/現在/原住民/肩章/建築家/健忘症/権利


 乞う/香煙/講演者/狡猾/好奇心/高潔な/絞首台/後世/校正係/高等専門学校/幸福/合法的な/拷問台/強欲/合理的な/胡弓/極悪人/国王/国外に/告発者/国民投票/孤児/乞食/悟性/国会/国境/骨相学/子供時代/好み/胡麻/娯楽/コーラス/コーラン/殺す/棍棒


 再考する/最後通牒/財産/財政/祭壇/災難/妻のろ/サイレン/サーカス/詐取する/サタン/殺人/裁き/錆ついた/さらし台/讃辞/三段論法/讃美者


 詩歌/市会議員/死刑執行人/地獄/自己中心主義者/支持者/辞書/辞職する/辞書編纂者/慈善/自尊/死体盗人/下腹/七面鳥十戒/実在/実証主義/失踪する/嫉妬/嫉妬心/嫉妬深い/尻尾/実利主義者/指定居留地/しとやかぶる女/慈悲/自明の/謝罪する/写実主義/写真/借金/ジャーナリズム/喋る/赦免する/自由/十一月/習慣/宗教/州知事修道院/主義/祝賀/熟慮/出版する/首都/シュミーズ/樹木/主要都市/殉教者/巡礼者/上院/上院議員/消化/紹介/正気/商業/冗語法/賞讃/小説/象徴/商人/錠前と鍵/女王/贖罪/食人種/食用になる/食用豚/食欲/処女/女性/処方(箋)/女優/知合い/白(い)/白黒混血児/殿り/新月刀/信仰/親戚/親切/心臓/診断/心痛/人道主義者/侵入者/神罰・疫病/辛抱強さ/真理/侵略/人類/神話


 推理する/崇敬/ずうずうしい/鋤


 晴雨計/正確さ/清教徒/成功/政治/正字法/政治屋/聖書/聖職者/聖人/精神異常の/生命・人生/西洋/責任/説教壇/節制家/絶対禁酒家/絶対の/窃盗狂/摂理による/背中/責める/選挙権/全権を有する/専制君主/戦争/戦闘/煽動家/千里眼/善良な/先例/洗礼を施す


 象/憎悪/騒音/葬式/早熟の/創世記/想像/相談する/象の鼻/俗語/訴訟/ソース/即興詩人/その場にいない/素朴な/背く


 退位/大学一年生/戴冠式/退屈な連中/大権/大赦/大衆/大食漢/大臣・公使/怠惰/大胆不敵/タイツ/大統領/大統領の地位/代表団/大砲/逮捕された/逮捕する/ダイヤモンド/大洋/妥協/立聞きする/達成/多弁/堕落/たわごと/単音節語の/誕生/男女の戯れ/ダンスをする/男性/断片/探訪記者


 遅延/蓄音機/チューインガム/忠告/仲裁/忠実/中傷する/忠誠/弔慰する/挑発/懲罰/長命/地理学者


 追従者/追伸/痛風/通訳/常に真実を語る/罪の意識/つれあい


 手/提督/低能/デカルトの/敵意/手相術/哲学/鉄道/天気/伝記/電気/天啓/天国/天文台/電話


 当意即妙の応答/投稿者/灯台/道徳的な/投票/動物/動物学/同盟/道理にかなった/道路/都会風/度胸/独裁者/読書/独身の男/毒舌/時計/床屋/土地/富/友のない/トラスト/取る


 内閣/長話・独白/慰め/成行き/縄


 二回/握り屋の/憎しみ/ニグロ/贋の/日限厳守/日記/入浴/ニュートンの/人間/人相学/忍耐


 猫/値段/熱狂/熱心/粘り強さ/涅槃/年数を経た


 ノアの大洪水/脳味噌/能力/喉仏/のろま


 ハイエナ/歯医者/陪審/俳優/廃用になった/墓/破壊する/博愛主義者/博識/禿げ頭の/パズル/バスーン/旗/バッカス/発光体(先覚者)/発射物/発明家/罰を受けずにすむこと/鼻/花嫁/はにかみ/罵詈雑言/ハンカチ/反感/反逆者/汎神論/反省/パンタロン/反乱


 日/ピアノ/非アメリカの/控え目な・上品ぶった/卑屈/膝/膝をついて礼拝すること/非常事態/非戦闘員/美徳/人差指/人前に出せる/批評家/美貌/病院/剽窃する/平等/拾い子/疲労/卑猥な言葉/品行方正/貧乏


 不一致/諷刺/封筒/フォーク/福音伝道者/復讐/不公平/不在/不在地主/不条理/不誠実/豚/葡萄酒/葡萄弾/不道徳な/武勇/プラトニック/ブルーストッキング/プロシア/文法


 兵営/兵卒/平和/隔たり/ベッド/ぺてん師/ベラドンナ/偏愛/返還/偏見/偏見のない/編集者/返礼


 保安官/棒占い師/望遠鏡/忘恩/ほうきぼし/忘却/放逐/暴動/放蕩者/報復/法律家/法律技術/ポーカー/牧師/ポケット/保険/補充兵/保守主義者/補償/ポータブル/没落/墓碑銘/ホームシックにかかった/本当に


 埋葬所/マカロニ/魔術/魔女/マスク/貧しい/マナ/マモン/マヨネーズ/マルサス主義の


 ミイラ/ミイラにする/見栄/みじめな/ミス/見捨てる/港/醜さ/身代金/未亡人/未来/民主国家/民族学


 無学者/無感動の/無言劇/無宗教/無情な/ムスタング/無節操/無節操な/胸の悪くなる/無謀な


 メダル


 儲かる/妄想/耄碌/黙示録/物語/ものぐさ


 野外/やくざ/約束/野心/宿なしの/ヤマアラシ/ヤンキー


 憂鬱/有権者/有史以前の/優柔不断/友情/雄弁/有名な/幽霊/揺りかご


 夜明け/容赦/用心深い/要約/予感/よく噓をつく/翌日/予言/予言する/予定/よろい/弱さ


 ラオコーン/楽天観楽天主義者/裸体/ラム酒


 離婚/理神論者/理性/リム/略奪する/竜/流行/量/凌駕する/領事/良心/良人/良心のとがめ/両手の利く/料理法/旅券/隣人


 ルージュ


 例外/礼儀正しいこと/霊柩車/霊魂/冷笑家/霊廟/歴史/歴史家/レース/レッドスキン/恋愛/連載物


 労働/老齢/ロシア人/ロマンス/論争/論理学


 わいせつ/賄賂のきく/和解/わがままな/ワシントン市民/笑い