akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

量子力学で生命の謎を解く

 


量子生物学

 

渡り鳥は、磁気を感知して飛ぶ。

生化学的考察:化学コンパス、嗅覚・磁気感覚

量子力学的説明:量子もつれ、遊離基、高速三重項反応、光が必要、量子コンパス

 

魚と嗅覚
生体繊維の分解:におい物質と嗅覚、受容体

量子力学的説明:生体分子は電子の量子トンネル効果を使って化学結合の振動を感知

 

意識はどのように生まれるのか。

先史時代の絵画:観念の表現

生体繊維の分解:意識という生命現象

量子力学的説明:イオンチャネルに基く意識の電磁場理論

 

生命の起源

生体繊維の分解:アミノ酸
量子力学的説明:RNAワールド、リボザイム

 

光合成

生体繊維の分解:光合成・呼吸

量子力学的説明:量子のうなり、励起子の振動、クロロフィル分子の量子ウオーク

 

生態系の永続性
生体繊維の分解:遺伝子突然変異

量子力学的説明:非周期性結晶→DNA、量子ジャンプ、トンネル効果

 

生体繊維の分解
生化学的考察:酵素は生命のエンジン、酵素反応・作用

量子力学的説明:遷移状態理論、電子移動、量子トンネル効果、電子移動、陽子移動

 

視覚や聴覚は物体からやってくる電磁波や音波を介して間接的に情報を捉える。

味覚や嗅覚は「物質的な現実からの」メッセージを伝える分子と接触することで、直接的に情報を受け取る。

 

ホワイトノイズと色付きノイズの両方を利用して、コヒーレントな励起子を反応中心のところまで導いている。

 

http://www.ivis.co.jp/text/20160224.pdf