akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

ブルゴーニュグラスで日本酒を飲むのが好きだ。

こんな誰でも思いつくことなので、新川智慈子というきき酒師がワイングラスで日本酒を楽しむスタイルを確立したということにAGORA April 2013の記事ではなっていることに違和感を感じる。たまたま読んでいた吉村昭の「街のはなし(1999)」の「行きつけの店」というエッセイ(クレアという月刊誌の連載なので、さらに古い)ですでにワイングラスで日本酒を飲んでいるので、余計に違和感を感じた。