akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

イマココカレー 本日のレシピ

●具材

・鶏むね肉400g 

・ニンニク 2個

・ショウガ 1/2個=生姜チューブ8g

・トマト缶 トマト2個分

・タマネギ 2個

・プレーンヨーグルト無糖 200g

・無塩バター半箱→ギー用

・塩おおさじ一杯

・カレー粉

カスリメティ(カルディ):大さじ1

・油

 

●作り方

①鶏肉むね肉400gをひと口大より大きめに切ってザルに移し、2回ほど水洗い。塩を振ってしばらく置き、マリネする前にキッチンペーパーで絞って水けをふき取る

 

②鶏肉にヨーグルト大さじ3杯程度(200g)とカレー粉軽く混ぜ合わせ、冷蔵庫に10~15分入れる(長ければ長いほど良い)。

 

③バターでギーを作る。鍋に無塩バターひと箱の半分を入れて、弱火で黄金色になったら、火を止め、キッチンペーパーを敷いたザルで濾す。

 

ギーを作った鍋に油を追加して中火で熱し、にんにくとしょうが(皮つき、生姜チューブでは約8g)をきつね色になるまで炒める。

 

ニンニクとショウガはつぶしてから刻む。

→にんにくとしょうがは、みじん切りだとピリリ、すりおろしだと濃厚

 

⑤玉ねぎ2個を4つ切りして、手でほぐして、小さじ1/2の塩と加え、油を大さじ5杯いれて、油を少し温めた鍋にふたをして強火で玉ねぎがくたっと柔らかくなるまで蒸し煮にする。玉ねぎが柔らかくなったら、ふたをあけて強火のまま表面を焼き付けるように加熱する。

→塩を加えるとタマネギから水分がてて、早く炒められる。

→みじん切りだと苦みが出る。すりおろすと水分が飛びにくい

 

鍋の蓋をして、油で少し煮込み、飴色になるまで、ひたすら弱火にかける。

玉ねぎを炒める際には、焦げそうになるまで、動かさない。

 

⑥水トマト、薄皮を向いた状態の残りのニンニク1個分を鍋に入れてさらに炒める(トマトの水分を飛ばす感じ)。

 

⑦カレー粉大さじ2½強と冷やしておいたチキン(常温に戻して)を鍋に入れ、40分~1時間程度煮込む(長時間煮込まない)。

 

→カレー粉は油となじませないと粉ぼっくなる

チキンをつけていたヨーグルトを入れるパキスタン

 

⑧仕上げに塩を大さじすり切り一杯と「ギー」と「カスリメティ」大さじ1を投入。

 

■課題

スパイスはいため技術が未熟なのと、組み合わせの爆発で長期的な課題。

一応、パンチフォロンを想定している。

②タマネギやトマトを使わないバージョンはまだまだおひろめできない。

③サバカレーもいいかも