akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

私はこうして受付からCEOになった

 

 

人生は選択肢だらけよ。何かを選ぶために何かを捨てなければいけない。

 

何も後悔していない。確かに間違いを犯した。けれども何かを変えることはできた。

 

つまり、どっちが正解じゃなくて、選んだ方を自分で正しくする。

 

2000年にHPが提唱したCooltownをを継続していたら。

「すべての現実世界の人、物、場所がウェブページを持ち、インターネット上の仮想空間と現実世界を結びつけることによって、現実で役立つウェブサービスを実現している街」

https://ascii.jp/elem/000/000/318/318634/

 

イタリア式信頼関係のつくり方

スケジュールがびっしり細かく書かれている。何時に始まり、何時に休憩、同時に終了。それだけではない。食事のメニューまで細かく書いてあるのだ。休憩のときにとる飲み物、食事で出されるワイン。メインディッシュはこれ、パスタのソースはこれ。至れり尽くせりである。会議の議題が書かれていないことを除いては。

イタリア人は、建設的な話し合いをするためには まず人と人との関係づくりが必要だと考えているのである。それを築くには時間がかかる。まずは食べて飲む。イタリア料理にイタリア・ワインを堪能する頃になって、ようやく実のある話ができるようになる。