akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる

 

 

インテリジェンス(諜報)

・ポジティブ・インテリジェンス(積極的諜報)

・カウンター・インテリジェンス(防諜)

 

インテリジェンス(諜報)の技法

・ビジント(画像諜報)

シギント(通信諜報)

・オシント(公開情報諜報)

ヒュミント(人的諜報)

 

高解像度の衛星画像などを駆使して、生物世紀を製造していると認識しても、実際は生理食塩水の工場だった。

 

スパイは外観は普通だが、聞き上手

 

協力者を得るスキル

・協力者の候補を決める。

・候補者と接触する

・協力者として適切かどうかを見極める。

・候補者と親しくなり、信頼関係を築く

 

話を聞き出すテクニック

・まずは自分から話して、情報を与える。

・徐々に話題を移していく

・誰かに紹介を頼み、会話の中で紹介者について触れる。

 

CIA諜報員の12の倫理規定
・「誠実で信頼できる」という他人からの評価を「現金」と同じように扱う。
・「共食い」をするサメのような人物は排除する

・知らせる必要のある情報だけ知らせ、秘密の情報は慎重に扱う。
・嘘をつくべきときと、そうでないときを見極める。

・ミスをした場合は、それを正直にいうのではなく、解決策を提示する。
・私生活は必ず仕事に影響するので、日ごろの行動にも注意する。

・敵味方は変わりうるので、競争相手にも誠意と礼節を忘れない。
・利益がリスクを上回るなら、注意しながら敵とも手を組む。

・慌てるべきときに慌て、急ぐときに急ぐ

・急激な状況変化をうまく利用してチャンスに変える。

・情報源の言動に注意する。

・資金の不正利用は少額でもしない。金銭にクリーンでいる。

 

 

CAI諜報員の7つの人脈構築術
・相手の趣味や嗜好、生い立ちや経歴、弱みについて知る。
・最初の会合でめざすのは「二度目の会合」を実現すること。

・事前に話の練習はしない

・話すときには神経質なくらい相手の反応に注意し、必要なら話を軌道修正する。

・録画してみることで、自分に相手を不快にさせる部分がないかを知る。

・「網」を広げて他人の弱みを知り、そこを意図的、計画的につく

・安心せず、たえず良好な関係を維持するための努力をする。

 

CIA諜報員の7つの交渉術
・参加者の数は最小限に抑える。
・いきなり地位の高いトップの人間を狙って話をする。
・相手の肩書にとらわれずに、意思決定をする人間を的確に見分ける。

・「敵側」ではなく「中立地帯」で顔を合わせる。

・相手の弱みを知ったうえで、相手が断りたくても断れない申し出をする。

・「ムチ」よりも「アメ」を使いこなす