akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

博多の土産といえば、スイートポテト

新人の際に、自分で企画したナプルプス(なんだよそれはといわないよう)のプロジェクト(新人に企画をまかせてくれるなんていい(腹の据わった)会社であった)で、福岡に出張する際に、先輩に土産はスイートポテトと厳命された一品。しかも、当時はJALANAでターミナルが離れていて、スイートポテトはANA側でしか販売していなかった。
そういえば、稚加栄で接待してもらった。学生のときにご高名な農業経済学の先生につれていっていただいたときは、「いっせーのせ」とふぐを一切れづつ食べたものですが、稚加栄のふぐはたくさんあった。それが福岡かとおもったけど、のちの某Q大プロジェクトの際に、店のメニューに「とりから」のとなりに「ふぐから」が並ぶくらいに普通な食べ物だと知った。そういえば、中来田おやじにおごってもらったな。子供だったので、稚加栄めんたいに感動していたけど、これまた、Q大プロジェクトで椒房庵を発見して以来、これ一筋です。