akon2.00βのよっぱらいの戯言

色しょく是食、食しょく是色

システム開発費用の見える化

TOTOのような成功報酬型の契約はレアケース。画面とかサービスの百円均一なんてできないので、どんな詭弁を弄しても人月でしょ。
#MDAとかCBDを信じてくれないでしょ
#t画面にしてもサービスにしても積算は人月。
#メインフレーム時代にもどって保守で稼ぐ(Web 2.0じゃん)もあり。
#CIO補佐官がこれに近いモデルで、結構いけてる

開発費用から材料費(ハード、ソフト、ライセンスなど)を引くと工賃が残り、
工賃 = 人件費(支払給与、福利厚生) + 販管費(研究開発、教育、待機費用などを含んでいたりする)
となっちゃうわけで、「きみーそんな給料もらっているの」とか「接待交際費つかいすぎじゃないの」と内政干渉されたくないよね。でも、ラーメンの原価が50円なのに対して10倍以上の値付けをして工賃高すぎといった議論にならないのは、代替可能だからなんです。

契約上役務ではなく、物品にして、システム一式としたとしても、算定根拠をまじめに答えると、結局のところ、上式におちつくでしょ。ROIからみて、いくらと提示して、購買部門が納得してくれる日はくるのでしょうか